CoinPostで今最も読まれています

純資産増加ペースが4年前のビットコイン半減期前に類似=Grayscale仮想通貨投資信託

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
https://coinpost.jp/wp-admin/options-permalink.php

Grayscaleの純資産増加ペースが過去の半減期前に類似

ビットコイン(BTC)は来月に半減期を控え、投資家の関心が急速に高まっている。

Google Trendsのデータからは、「Bitcoin halving(BTC半減期)」というワードの検索数が4月以降急増し、2016年の半減期前と似たような状況になっている。

2020年のBTC半減期後のBTC価格の行方については、過去2回の半減期後の歴史的な価格上昇の経験から上昇を期待する意見がある一方で、半減期の影響は、すでに価格に織り込まれているという見方もある。

いずれにせよ、2020年の半減期の影響を予想するためには、過去の半減期前後のBTCの投資環境の変化を様々な視点から振り返ることが重要だ。

今回は、仮想通貨投信大手のGrayscaleのレポートをもとに、2016年の半減期前後と現在の資金流入状況を比較する。

Grayscale仮想通貨投信の特徴

Grayscaleは米国を拠点とする大手仮想通貨資産運用会社だ。

同社が手がける仮想通貨関連の投資信託への流入額は、2020年第1四半期に5億370万ドル(約544億円)に達した。中でも1番人気が高いビットコイン投資信託(GBTC)への流入額は3億8890万ドル(約420億円)超に上った。

多様な投資戦略を駆使する機関投資家が顧客

Grayscale投資信託は機関投資家比率が高いことが特徴的だ。2020年第1四半期の機関投資家比率は88%と、過去1年間の平均値(79%)も上回る。

高水準の機関投資家比率について、同社取締役のMichael Sonnenshein氏は、「市場の傍観者と思われがちな従来のファンドや投資家が成長の大部分を牽引している」と説明する。

また、2020年第1四半期のGrayscaleの顧客のうち57%を米国外の投資家が占めており、近年同社の顧客層がグローバルに拡大していることがわかる。

さらに、同社顧客のうち仮想通貨ヘッジファンドの割合は約11%に過ぎず、伝統的なグローバルマクロ戦略に基づくファンドも一定数存在する。

これについてSonnenshein氏は、「機関投資家はデジタル資産が法定通貨の保管的な役割を担うと考えていたり、世界中の政治経済の混乱を全て考慮したうえでデジタル資産に注目している」と分析する。

したがって、Grayscaleの仮想通貨投資信託への資金流入を観察すれば、グローバル・多様な資産クラスを考慮する機関投資家の動向がうかがえる。

過去の半減期前後のBTC投信流入額の推移

過去の半減期前後でのGrayscale投信への資金流入額の増加ペースからは、特徴的な傾向が観察される。

以下のグラフは、Grayscale投信の年間の純資産増加額の推移を対数表示したものだ。グラフの傾きが横ばいの場合、純資産の増加額が一定であることを意味する。

2016年7月の半減期前年の2015年はこの純資産増加額のペースが伸び悩んだ年だった。この値は半減期約14か月前の2015年5月に底を打ち、上昇に転じた。2016年の半減期後には投信への資金流入とBTC価格の高騰が相まって、純資産の増加ペースが加速した。BTC価格は半減期後1年で約3倍に上昇した。

今回の半減期でも、Grayscale投信の純資産増加ペースは過去の半減期と似たような傾向を示している。

Grayscale投信の純資産増加ペースが逓減した2019年の状況は2015年と似ている。今後大きな価格下落や資金流出がなければ、純資産増加ペースの伸びは半減期約14か月前の2019年初旬に底打ちしたことになる。

2016年の半減期と同様に、2020年の半減期後にもGrayscale投信への資金流入ペースが加速するかどうかが今後注目すべき点だ。

過去の半減期との投資環境の違い

一方、過去の半減期と2020年の半減期とでは、投資環境に違いがあることも留意しなければならない。Grayscaleは以下の3点について言及している:

●規制の整備

2016年の半減期後には、BTCの先物・オプション市場が拡大した。2017年12月にはシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)やシカゴ・オプション取引所(CBOE)がBTC先物を開始。BTCへの投資手段を広げた。最近では、伝統的な金融機関の参入も目立ってきている。

●投資家の認知度

ブロックチェーン企業Crypt.comが2020年2月に行った調査では、調査回答者のうち「半減期を知っている」と回答した人の割合が72%に上った。

実際に、Grayscaleの過去のレポートでは、2016年の半減期以前に開設されたウォレットが保有するBTCは全体の32%未満であり、大半のユーザーが過去の半減期を経験していないことが指摘されている。

投資家の認知度が高ければ、投資家は半減期の影響をすでに織り込んでいる可能性がある。その場合、2020年の半減期がBTC価格に与える影響は限定的だ。

参考:世界の仮想通貨投資家、実際「ビットコイン半減期」を材料視しているのか?

●コロナウイルス

コロナウイルス感染拡大による相場環境の変化は、BTCにとって追い風にも向かい風にもなる。

相場の暴落によって株式や債券などの伝統的な資産クラスの価値が毀損すれば、投資家は仮想通貨などの資産クラスから資金を引き揚げるかもしれない。

一方で、BTCと株式には歴史的に負の相関がある。BTCが金(ゴールド)と同じように安全資産として認識されれば、相場暴落時に伝統的な資産クラスからさらなる資金流入が期待できる。

まとめ

Grayscaleの仮想通貨投資信託の主な顧客は、ヘッジファンドなどの機関投資家だ。これらの機関投資家はグローバル・多様な資産クラスに投資をするため、同投資信託の純資産額の推移は、あらゆる資産クラスにおける仮想通貨のポジションを確認するための指標として有効だ。

直近のGrayscale仮想通貨投資信託の純資産額の増加ペースは、2016年の半減期前の状況に類似している。2016年の半減期後には同投資信託への資金流入ペースが加速すると同時にBTC価格が1年で約3倍に上昇した。したがって、2020年の半減期後にも同様の現象が観察されるかが今後注目される。

ただし、2016年と現在とでは半減期の認知度、規制の整備度合い、相場環境などが異なっており、2020年の半減期の影響を予測するうえで単純に比較できない点があるということにも留意しなければならない。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
ビットコインは中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。
09:00
メタマスク共同創設者、「アップル税」に反対表明
仮想通貨ウォレット「MetaMask」の共同創業者は、30%のアプリ内購入手数料を強制するアップル社App Storeのポリシーを「独占の乱用」と批判した。
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧