EU理事:仮想通貨マイニングはEUで完全に合法・懸念点は電力消費問題

ヨーロッパにおける仮想通貨マイニング事情
仮想通貨マイニングは、ヨーロッパにおいて「合法」とされているため、禁止や規制をかける法的根拠は持ち合わせていないことを明らかにしました。
再生可能エネルギーの必要性
仮想通貨マイニングは、現時点で世界の消費電力のおよそ0.14%を消費していることが指摘されており、太陽光や風力など地球の環境資源となる「再生可能エネルギー」とブロックチェーン技術による解決策の早期実用化が急務とされています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

マイニングの合法性

EU(欧州連合)の政策執行機関であるEuropean Commissionerを務める「Mariya Gabriel」氏は、仮想通貨マイニングはヨーロッパにおいて合法であり、電気基準規則のみの対象となっている現状を明かしました。

先日公開された声明では、業界の規制状況を明らかにした上で、仮想通貨マイニングにおけるエネルギー消費の特性について懸念を示しました。

Gabriel氏は、

「マイニングに消費される電力が合法的に発電されていた場合、私たちはそれを規制したり、制限をかける法的根拠は持ち合わせていない。」

と言及しました。

しかし、電力を消費するマイニングは経済的活動の一環であることから、EU法の「エネルギー効率性、電力部門及び、温室効果ガス排出量」における、EUの規制対象にはなり得ると付け加えました。

さらにGabriel氏は、次のように述べています。

「EU委員会は今後も仮想通貨がエネルギーの消費や需要に対して、どのような影響を与えていくのかを調査していきたい」。

現時点では、EU内でどれほどの規模のビットコインマイニングが行われているかは、正確な情報は定かではありません。

Gabriel氏は、マイニング活動について、規制当局が規制強化する動きを見せているにも関わらず、未だ中国に集中していると指摘。 「一部のマイニング活動がEUで行われている現状を看過するわけにはいきません。」と続けました。

ワシントンポスト紙が最近報じたところによると、消費電力のほとんどを水力発電に依存しているアイスランドでは、じきに仮想通貨マイニングプロジェクトにおける消費電力が、アイスランドの供給電力を上回るだろうと報告しました

アイスランドは、EU加盟国ではありませんが、れっきとした欧州経済圏の一部です。

専門家がワシントンポスト紙に語ったところによると、ビットコインマイニングだけで世界の発電した供給電力の内、約0.14%を消費していると指摘。

この事実は、ブロックチェーン業界に、太陽光や風力、地熱といった「再生可能エネルギー」を使用した解決策の実証実験を促すための、動機の一つとなるでしょう

EU Can’t Ban Bitcoin Mining Over Energy Concerns, Official Says

Mar 12, 2018 by Leigh Cuen

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用