BitMEXがリスタート──米告発も新体制下で新たな仮想通貨取引商品を提供

BitMEXの新契約

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所BitMEXがチェーンリンク(LINK)の無期限スワップ契約の取扱いを新たに発表した。同社は、米司法省による告発を受け一時、事業継続が危ぶまれる状況にあったが、新商品発表で新体制下の取引所事業もスタートを切った。

関連BitMEXの「米国法逃れ」で逮捕事例、何があったのか──ビットコイン下落要因に

LINKの無期限スワップ「LINKUSDT」は10月16日より取引が開始。最大レバレッジ50倍で提供する。また、9月11日より始めたLINKの先物契約「LINKUSDTZ20」はレバレッジを最初に設定された33倍から50倍に引き上げるとしている。

新体制:新たなコンプライアンス責任者が就任

BitMEXの親企業100x Groupは、新たにチーフコンプライアンス責任者を雇ったことを公表した。今後の規制に対応する目的がある。

新たに就任したのは、2018年〜2020年の間、香港の仮想通貨取引所Diginexでもチーフコンプライアンス責任者として務めていた、Malcolm Wright氏だ。Diginexは先日、シンガポールの上場企業8i Enterprises Acquisition Corp.との逆さ合併の形で米ナスダック(NASDAQ)に上場しており、米国上場までの経験もある。

関連仮想通貨取引所が米ナスダックに上場

また、「グローバルデジタルファイナンス」というベストプラクティスを推進する業界団体で顧問理事長を務めており、金融を含めた業界のコンプライアンス分野の経験が豊富な人物となる。

BitMEXは10月2日に、「米国法逃れ」として米司法省(DOJ)と米商品先物取引委員会(CFTC)に告発された。違反したとされているのは、銀行秘密法(BSA)やデリバティブ商品に関する規則で、すでにアーサー・ヘイズ元CEOや、CTOを含む人物も役職から解任。新たなCEOには、元COOのVivien Khoo氏が任命され、新体制下での事業がスタートした。

米国の問題が解決した訳ではないが、BitMEXの動向は、グローバル取引所が多く存在する業界の先行事例にもなるため、注目度も高い。

関連『一時代の終焉か』米当局に告発されたBitMEXアーサーヘイズがCEO退任

関連塗り変わるビットコインデリバティブ市場の勢力図、トップに躍り出たバイナンスとBitMEXの凋落


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します