CoinPostで今最も読まれています

PayPalの仮想通貨サービス、今後の事業展開と収益への影響は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

PayPalは恩恵受けるか

PayPal(ペイパル)が21日に暗号資産(仮想通貨)売買のサービスを発表したことを受け、米大手投資銀行モルガン・スタンレーのリサーチャーは、仮想通貨の利用普及を促進できる「ビッグニュース」となったが、PayPalにとってそれほど利益のあるビジネスではない可能性があると分析した。

PayPalはビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4銘柄の売買サービスを予定する。

また、アカウント内で所有する資産を用いて、世界の2600万以上のショップで利用できる(間接的な仮想通貨決済)計画をあり、業界はこの動きを好感し、「新たな時代の到来」などとして好感した。

関連PayPal、仮想通貨売買に対応へ ビットコインなど4銘柄

モルガン・スタンレーは報告書で、「現在、仮想通貨のオンライン決済は主要オンライン小売業者500のうち、わずか1%の利用範囲に留まっており、PayPalの参入を通じて、オンラインショップにおける仮想通貨の受け付けは間違いなく拡大する」と分析。その一方で、PayPalが提供する新サービスは「おそらく同社の収益には大きく影響しない」とした。

仮にSquareのCashAppのように出来高が高くなっても、全体収益の0.3%ほどになると試算。2020年の総収益を210億ドルとして、0.3%では約6300万ドルの規模となると予測している。(CashAppはPayPalと違って、ビットコインのみ対応)

仮想通貨の売買サービスがそれほど収益化に繋がらない可能性は、仮想通貨による間接的な支払いのオプションが提供されても、値上がりを期待するユーザーが必ずしも所有する仮想通貨を売却し消費に利用するとは限らず、売買出来高が高くなければ収益はそれほど期待できない、と理由を語っている。

評価されるポイントとしては、Squareなどの決済企業との競争性が生まれる点を挙げた。仮想通貨セクターにこのような企業が参入することは、ユーザーベースの拡大および今後競争力の強化において重要な戦略だと評価している。

PayPalの影響力

PayPal参入の重要性については、複数の有識者にその発言をロイター通信が紹介した。

ペイメントコンサルConsult HyperionのディレクターDavid Birch氏は、「PayPalは法定通貨のデジタル化に備え、仮想通貨業界に参入したのはスマートな戦略だが、ビットコインにとっては大きく変化を与えないだろう」とコメント。

また、イーサリアム関連企業ConsenSysのグローバルフィンテック責任者Lex Sokolin氏は、「ビットコインを知らない人たちにとって、PayPalが売買サービスを開始するのは、ビットコインを一つのデジタル資産として認めたことを意味する」と語っている。

フィンテックコンサル11:FSの共同創設者Simon Taylor氏は、PayPalの動きはいわゆる「ユーザーエンゲージメント」というユーザーの関心度を引き寄せる効果に繋がるが、PayPalにとって利益のある事業かどうかは現時点では明確ではないと見ている。「ロビンフッドもSquareもビットコインをユーザーエンゲージメントのために利用しているが、実際ユーザーがビットコインを支払いに利用するかどうかは未知の領域だ。」

また、英名門ケンブリッジ大学の研究員Michel Rauchs氏は、「仮想通貨を決済手段として利用したい人は非常に少ない。ほとんどの人は、価格の上昇から利益を得たいからだ」と指摘した。

参考:ロイター

BitGoを買収か

また、PayPalは仮想通貨関連企業の買収を検討しているようだ。

報道によると、PayPalは大手カストディ企業BitGoの買収について交渉している。あくまで事情に詳しい人物の情報による内容で、交渉は必ずしも成功するとは限らないとしている。TheBlockは情報を確認するために両社に連絡したが、「コメントできない」と回答されたという。

PayPalの売買サービスは米Paxosと提携し、Paxosが提供する仮想通貨仲介サービス(ブローカー)を介して実現する。

仮想通貨の保管に当たるカストディのほか、仲介サービスを行うBitGoを買収することで、サービスを内製化する目的がある可能性も予想されるところだ。

参考:ブルームバーグ

PayPal独自通貨の噂

PayPalが独自のデジタル通貨を発行する可能性も噂されているようだ。

英仮想通貨ファンドCoinSharesでCSOを務めるMeltem Demirors氏は22日のCNBCのインタビューで、PayPalが仮想通貨の売買に対応するのは、デジタル通貨を発行するためではないかと推測した。

今後6~12ヶ月以内、PayPalが独自のデジタル通貨をローンチしても、私は驚かない。

ーDemirors氏

1つの背景として、PayPalのCEOはフェイスブック主導の「リブラ協会」を脱退した後、規制とコンプライアンスがPayPalにとって基盤であると発言し、「リブラとは競合しない」プロダクトを開発していることについて言及していた内容があるとしている。

参考:CNBC

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧