モルガンクリーク、米SECにビットコインファンドを申請

ビットコンファンドを申請

米国証券取引委員会(SEC)に、新たに暗号資産(仮想通貨)ビットコインファンドの申請が行われたことが分かった。

SECのデータによると、申請側は「Morgan Creek-Exos Risk Managed Bitcoin Fund」となっている。住所の項目と関係者の欄から大手投資企業「Morgan Creek Caplital Management」と「Morgan Creek Exos GP」という企業が共同で提供するとみられる。

SECの情報ではファンドの内容については明らかにされていないが、今回のファンドに関与する金融サービス企業Exos Financialが情報を公開した。

このファンドは利用する指標に応じてBTCへ投資を行う仕組み。BTCのロングポジションのリスクを減らし、リターンを安定させるように設計されている。指標が好ましくない場合は、ポジションを減らしたり、清算を行って、リスク管理を重視することが特徴だ。

Exos Financialは、BTCはインターネット以来の最も大きな技術革新となる可能性を持っており、新たな資産として礎を築いたと説明。その上で、投資するにはまだ新しい資産であることや、価格変動も大きく、技術の専門性も高いといったハードルがあると指摘している。投資家がこういったハードルでBTC投資に足踏みすることがないように、新たなファンドを提供する模様だ。

ウェブサイトには投資手法による年間のリターンの比較を掲載。リスク管理を行う投資方法では、相対的にリターンの平均や最低利益率が高いといった特徴がみられる。

参考:SEC


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します