CoinPostで今最も読まれています

S&Pダウ・ジョーンズが分析、ビットコインとゴールドの共通点と違い

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「ゴールドとビットコインの共通点は拡大中」

世界最大の金融指数プロバイダーS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(以下S&P DJI)が金(ゴールド)と暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を比較する記事を公式ブログに投稿した。

ビットコインの最近の値動きは、既存の価値保存手段と比べて放物線状になっていると指摘しつつ、S&P DJIのコモディティ・実物資産アソシエイトディレクターJim Wiederhold氏はまずBTCとゴールドの類似点に触れる。

最近、2つの資産間の共通点が拡大している。ビットコインと金はどちらも希少であると見なされ、従来の金融市場の外で保持される可能性があり、大量の貨幣増刷と法定通貨の価値下落によって左右されない価値を持つ。

大手資産運用会社を含め、市場参加者は両方を魅力的なインフレヘッジ(物価の上昇により相対的に通貨の価値が減少するリスクを回避すること)と見ているようだ。

さらに、ゴールドとビットコインは他の一般的な資産クラスと相関性が低いため、ポートフォリオの分散効果があると続けた。

ビットコインとゴールドの違いは?

一方で、ゴールドとビットコインの違いは、まず明白なものとして、ビットコインの高いボラティリティ(価格変動性)が挙げられるという。BTCのボラティリティは、コロナ禍で乱高下した原油先物を除けば、他の資産クラスよりも数倍高い。例えば過去五年間でビットコインのボラティリティは85.4%であり、ゴールドの13.2%およびS&P500の15.3%を大幅に上回った。

出典元:S&P Dow Jones Indices

またその他の面を見れば、ゴールドは物理的な資産だが、ビットコインはデジタル資産であり、ゴールドは宝飾品や産業用金属にも使える点、トレードについてゴールドは2,700年以上の歴史があるが、ビットコインはまだ11年間と非常に新しい点などを挙げている。

さらにどちらも希少性があるものの、ビットコインには2,100万の採掘上限が定められている。

S&P DJIによれば現在のところゴールドは「既に採掘されたものと、確定埋蔵量を合わせて25万5千トン以上」存在しており、「現在価格で17兆ドル(約1760兆円)に相当」するという。

一方ビットコインは、「将来に渡って2,100万BTCが上限、現在価格で0.6兆ドル(約62兆円)」となる。Chainalysisによると、現在の供給量の20%は、初期の投資家のパスワード紛失などにより回復不能と見積もられており、実際の供給量はさらに少なくなりそうだ。

Wiederhold氏は、ビットコインはまだ揺籃期であるためセキュリティでの問題を抱えていることにも言及。ビットコインの盗難リスクは数年前に広く懸念されていた。ビットコインが主流になるにつれて投資家の間でこうした心配は薄れつつあるものの、まだテクノロジーリスクや取引所に関するカウンターパーティリスク(取引相手の信用リスク)は残っているという。

まもなくグローバル仮想通貨インデックスを提供

S&P DJIは2020年12月、仮想通貨の指数を提供することを発表した。

市場がここ数年で発展していることによって、仮想通貨の指標や指数をベースにしたソリューションに投資家が関心を持っていると背景を説明している。

機関投資家向けのプライシングで知られる仮想通貨ソフトウェア・データ企業Lukkaが提供するデータに基づく、グローバルな仮想通貨インデックスで、S&P DJIによると、「信頼性が高くユーザーフレンドリーな仮想通貨ベンチマーク」がまもなく利用可能になる。

関連:S&Pダウ・ジョーンズ、仮想通貨の指標を提供へ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア