CoinPostで今最も読まれています

テスラ社はビットコインを売却せず?──19日深夜の大暴落でイーロン・マスクCEOが示唆

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

テスラは「ダイヤモンド・ハンド」

5月19日夜に仮想通貨相場急落時、イーロン・マスクCEOはテスラがビットコイン(BTC)を売却していないとするニュアンスのメッセージをSNSに投稿した。

内容は、「テスラはダイヤモンド・ハンドだ」というものだ。ダイヤモンド・ハンド(ダイヤモンドの手)とは、投資コミュニティの用語で、価格が下落しても硬く強く「保有し続ける」という意味。その対義語が「ペーパー・ハンド(紙のような弱い手)」で、容易に相場に左右されて売ってしまうことを指す。

昨夜、ビットコインは一時30,000ドルまで続落。テスラは、平均価格32,000ドル〜35,000ドル台でビットコインを購入していたと推定される中で、すべてのBTCを売却する可能性も警戒されていた。

出典:Tradingview

内容に相場への相関性があるかは定かではないが、タイミング的にはマスク氏のツイートは、当時パニック相場にあった仮想通貨コミュニティに安堵感を与えた一つの要因になったと言っても過言ではない。

仮にあのタイミングでテスラが売却を報告した場合、更にマーケットが走った可能性もあったためだ。(ツイートタイミングは上図参照)

直近の仮想通貨相場はテスラ及びマスク氏の動向に連動して振り回される傾向があり、今回の下落相場に繋がる急落の一因にもなっている。テスラは2月に初めてビットコインを購入し、1,600億円(15億ドル)に相当する資金をBTCに割り当てた。しかし、4月に発表された第1四半期(1Q)の財務報告ではそのうちの約300億円分(2.72億ドル)のBTCを売却したことを報告。3月に導入したテスラ社のビットコイン決済も、わずか2ヶ月で中止となった。

ポジティブ

12月21日:マスク氏、マイクロストラテジー社CEOにビットコインについて質問

1月29日:Twitterプロフィールを「#bitcoin」に変更

2月1日:マスク氏がClubhouseで登壇、ビットコインへの「支持」を表明

2月8日:テスラ社の1,600億円相当のBTC投資が判明

3月24日:テスラ社、ビットコイン決済対応を開始

5月11日:TwitterアンケートでDOGE決済対応を示唆

ネガティブ

4月27日:1Qの財務報告にて300億円分のBTC売却が判明

5月13日:ビットコイン決済の中止を発表

昨日の大暴落に関する最新状況はこちらの記事で紹介しています(20日更新)

仮想通貨暴落で大規模ロスカット発生 ビットコイン400万円を割り込む
ビットコインなど仮想通貨市場が19日暴落した。米ドル建で4万ドルを割り込み、日本円建(bitFlyer)では一時400万円を割り込むところまで暴落した。4月14日に更新した最高値707万円からわずか1ヶ月で300万円幅下落した。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/01 木曜日
07:40
バイナンス、欧州で12のプライバシー関連銘柄を上場廃止へ
バイナンスは5月31日、欧州市場でプライバシー関連銘柄の取引提供を中止する予定を発表した。
07:10
バイナンス、人員削減の報道を否定
仮想通貨取引所バイナンスは、従業員の解雇を実施したことが報じられた。人員の20%を削減したとの報道もあるが、同社CEOのCZ氏は「解雇に関する報道は悪い噂(FUD)である」と説明している。
05/31 水曜日
17:22
改正資金決済法施行で国内ステーブルコイン発行可能に
改正資金決済法施行により、法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になることへの関心が急上昇している。海外発行のステーブルコインについては、発行者ではなく流通業者が資産を保全するよう義務付けられる。
16:59
仮想通貨取引所SBI VCトレード、エックスディーシー(XDC)を国内初上場
SBIグループにて暗号資産(仮想通貨)交換業を運営するSBI VCトレード株式会社は31日、国内初となる「エックスディーシー(XDC)」の取扱い開始を発表した。
14:00
イーサリアムからビットコインへのNFT移行を実現する「BRC-721E」が誕生
イーサリアム上で流通するNFTを、ビットコイン・ブロックチェーン上に移行可能にする新トークン規格「BRC-721E」がローンチされた。トークンブリッジプロトコル「Bridge any NFT to Ordinals」も同時に提供されている。
13:17
米デジタル商工会議所、テキサス州の反ビットコイン的なエネルギー法案成立を阻止
米デジタル商工会議所はテキサス州議会に提出された「反ビットコインマイニング法案」が法制化に至らなかったと発表した。マイニング企業の収益に大きな影響を与える「電力クレジット」の取得制限に関連する法案は成立しなかった。
13:12
ビットコインの採掘難易度、過去最高値更新へ
翌年に「半減期」を控えるビットコインマイニングの採掘難易度が過去最高値を更新する見込み。Ordinals プロトコルおよびBRC-20トークン需要やAI(人工知能)流行に伴う半導体企業の成長などを受け、マイナー間の争奪戦が激化している。
12:00
バイナンス、一部顧客の担保資金を銀行に預ける仕組みを検討か=報道
大手仮想通貨取引所バイナンスは、機関顧客の一部が取引担保を銀行に保管する仕組みを検討していると伝えられる。カウンターパーティリスクの軽減が目的の一つとみられる。
11:45
OPとSUIのトークンアンロックにより、流通量が急増する見込み
イーサリアムのL2ソリューションOptimismと、高速L1ブロックチェーンSui Networkは、トークンアンロックを迎える。この結果、OPとSUIの流通トークン数が大幅に増加することになる。
10:35
ANAグループ、NFTマーケットプレイス立ち上げ メタバースも準備
ANAグループは、エアライングループとしては世界初のNFTマーケットプレイスを立ち上げた。旅をモチーフとするメタバース「ANA GranWhale」の準備も進めているところだ。
09:40
自民党、新たな提言を承認しWeb3を推進へ
自民党は、新しい資本主義実行本部の提言を承認し、成長戦略にした。この提言にはWeb3の推進が含まれ、暗号資産やトークンについても言及している。
08:25
テザー社、ウルグアイでBTC採掘を推進へ
テザー社は、ウルグアイでリソースを投資しエネルギー生産と持続可能なビットコインマイニングに取り組むと発表。再生エネルギー大国として知られる同国で、エネルギーのイノベーションと仮想通貨の未来に注力する。
08:05
AI・仮想通貨マイニング関連株高騰|31日
本日のNYダウは−50.5ドルと小幅に下落。ナスダックは+41.7ドルで取引を終えた。米債務上限の交渉について先週末バイデン大統領とマッカーシー下院議長の間で合意したことが市場に好感された。
05/30 火曜日
15:15
bitFlyer、トラベルルール導入に伴う対応内容を発表
国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerは、「トラベルルール」の導入に伴う対応策を公表した。MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットは今後も利用が可能だが、国内で送金や預入が可能な暗号資産交換業者としては、Coincheckだけという状況が生じる格好だ。
15:07
群馬県沼田市、歴史文化保全のためNFTアート返礼品の「ふるさと納税」受付開始
群馬県沼田市は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営するトラストバンクやCoinBestと提携し、「ガバメントクラウドファンディング」を利用したNFTを返礼品とする寄付金の受付を開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア