ConsenSys社John Lilic氏が語る:イーサリアムの今後と有価証券トークンやdApps開発の将来性

ConsenSys社John Lilic氏がイーサリアムの将来を語る
CoinPost編集部の取材に対し、John Lilic氏はイーサリアムのPoW→PoS移行、Sharding(シャーディング)について肯定的な意見を述べました。また、有価証券トークンやdApps開発への期待感も露わにしました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ConsenSys社John Lilic氏がイーサリアムの将来を語る

イーサリアムは、まずスケーラビリティに向かっています。

世界最大級のイーサリアムブロックチェーン研究のフィンテック企業ConsenSys社John Lilic氏(以下、Lilic氏)はそのスケーラビリティへ向かうプロジェクトについて、CoinPostの取材に対し以下のように述べました。

Caspaer(キャスパー)と呼ばれるものがあります。これはEthereumのスケーラビリティプロジェクトに使用される用語です。

これは2つのことを要求します。一つ目はPoS(プルーフオフステーク)、これはコンセンセスの仕組みの変化です。

もう一つがSharding(シャーディング)です。

Sharding(シャーディング)とは、イーサリアムの送金遅延や手数料増加など「スケーラビティ問題」に対する解決策の一つです。

データベースを水平方向に分割、検証作業を並列化することで処理能力の大幅向上が見込めます。

この説明では少しイメージしづらいユーザー向けに、Lilic氏は以下のように解説しています。

今は1つのネットワークで、発生する全てのトランザクションを確認します。

ここで、イーサリアムが100個あるとします。それぞれのイーサリアムが、それぞれ一体となって役割分担し一つのネットワークを管理する。この方がずっと効率的、という話です。

この状態でイーサリアムが何千何万と増えた時を想像してみてください。

今と比べられないほどパフォーマンスとセキュリティが向上します。

PoSへの移行について

イーサリアムはPoWからPoSへの移行を予定しています。

PoSへの移行については識者の間でも賛否両論です。

例えばVMwareのセキュリティ研究者は先月、イーサリアムのPoSへの移行は”根本的に脆弱である”と主張しています。

一方で、最近ではPoWとPoSを組み合わせたハイブリッド型システムが「EIP1011」にて提案され、話題になりました。

CoinPost関連記事

イーサリアム:PoWとPoSを組み合わせたハイブリッド型システムを提案
イーサリアムの開発者らによって提案された「EIP 1011」の中で、「Hybrid Casper FFG」というPoWとPoSを組み合わせたハイブリッド型のコンセンサスアルゴリズムが提唱されました。新しいPoSを実現する”Casper”の第一歩となるのではないかと期待されています。

Lilic氏は、PoSを以下のように肯定しています。

PoWはエネルギー消費が激しく、効率がとても悪いです。

PoSは非常に経済的です。

そのバリデーション(検証)をしたい場合、イーサリアムにエスクロー(商取引の際、信頼の置ける第三者を仲介させて、取引の安全を担保する第三者預託)や債券を入れます。

スマートコントラクトを使っている場合、例えば、ネットワークを攻撃しようとするような悪意のある行動を取ると、債券の一部または全部が失われます。

その際失う金額は、取引から得られる金額を上回ります。

つまりネットワークを攻撃するとお金を失う、ということが保証されるのです。

例えばビットコインを攻撃したい場合は、数十億ドルのコインを購入し、51%の攻撃のためにオンラインにする必要があります。これは非常に高額です。

つまりお金を失うか、多くのお金を費やすことも保証されています。

PoSと目的は同じです。

よって、PoSは経済的かつビットコインと同じ目的を達成しています。

スケーラビリティ確保の結果、有価証券トークンとdApps開発が活発化する?

それでは、スケーラビリティが確保された結果、何が起きるのでしょうか。

Lilic氏はその結果について、「出来る分野が大幅に広がる」として、例として有価証券トークンとdApps(分散型アプリケーション)開発の2つを挙げました。

私は有価証券トークンの時代が来ると思います

これは、債券のような利益の期待を持っているトークンがある代わりに、規制上の承認を満たす複雑な金融商品です。

有価証券トークンに対する期待感を露わにしながらも、Lilic氏はdApps開発に対する期待感を「それ(有価証券トークンへの期待)を超えるものだ」と語りました。

dApps開発は波に乗っていると思います。

企業側を見るといくつものスタートアップや政府が業界の成長に力を込めています。

dApps開発は、昨年のイーサリアムのトランザクション詰まり、またETH価格高騰に伴うgas(イーサリアムプラットフォーム上の手数料)価格高騰問題などもあり、現状は実用的かどうか疑問視する声も挙がっています。

しかしスケーラビリティ確保が実現された場合、そういった事例が減少する可能性は高いとみられています。

これに期待感を抱いているユーザーは世界中に存在していますが、日本でもdAppsに対する期待感は高まっています。

例えば、コインチェックに出資、bitbankを持分法適用関連会社化し、bitFlyerと提携を行っている株式会社セレスは、2018年春にリリース予定である国産dAppsゲームの「くりぷ豚」をグッドラックスリーと共同開発することを発表しています。

このようなことから、プロジェクトとして2018年のイーサリアムに対する期待感は高いものとなっています。

Lilic氏はCoinPostの取材に対し、最後に以下のように答えました。

今後もスタートアップや政府はイーサリアムに関わっていくでしょう。

Consensysは、より多くの製品と企業を構築し続けます。エコシステムも引き続き稼働します。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用