イーサリアムCasperアップデート:将来的にマイニング報酬が3ETHから0.6ETHへ

イーサリアムの今後のマイニング報酬が3ETHから0.6ETHに
PoWとPoSの混合コンセンサスを経て、最終的にPoSのみになるというプロセスが提案されています。
Casperとは
イーサリアムの諸問題を解決するため、コンセンサスアルゴリズムを「PoW(プルーフオブワーク)」から「PoS(プルーフオブステーク)に移行する計画です。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Version 0.1のCasper Updateに関するマイニングの変化やPoS化の現段階

新バージョンのCasperコードが5月8日にGithubでリリースされました。

イーサリアムのCasperの進行度は、世界中の仮想通貨投資家が注目している程の重要情報です。

2017年10月に発表された、このCasperFFGは、イーサリアムの目指すPoSへの移行を目標としています。

2018年4月には、イーサリアム改善案であるEIP1011でHybrid Casper FFGが導入されました。

Hybrid Casper FFGについて

まず、イーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)マイニングで採用されるアルゴリズムであるEthashは、ASIC耐性があるとされてきました。

しかし、Bitmainでイーサリアム対応ASICマシンが発売されたことで、ネットワークがASICマイナーにより大半が占められ、小規模マイナーを抹消し、イーサリアムネットワークに対する影響力を強める可能性があります。

この問題は様々な通貨でも議論されており、ASICに対抗するためのハードフォークを行う通貨(例:Monero)も出現しました。

イーサリアムでも議論が進められた結果、Hybrid Casper FFGという「イーサリアムネットワークからマイニング問題を排除しつつ、ハードフォークをさせない」ことを目的とされた改善案が提案されました。

仕組みとしては、PoWとPoSの混合コンセンサスを経て、最終的にPoSのみになるというプロセスになります。

目次
  1. マイニング現状
  2. コンセンサス現状
  3. スケーリング現状
  4. 今後の発展

マイニング

EIPによると、今後のアップデートでマイニング報酬が3ETHから0.6ETHになることも予定されています

コンセンサス

PoWによるブロック生成は不変となります。

また、PoSのメカニズム「FFG」は、スマートコントラクトを使って、ブロックに導入するとされています。

スケーリング

PoWによるマイニングが不変のため、Shardingはまだ導入できないようですが、Casperでは50ブロック毎に、PoWで言うマイナーの代わりのvalidatorによる追認が行われ、持ちETHを確保した彼らがPoSメカニズムを検証することになります。

今後の発展

より効率の良いPoWでのコンセンサス提案メカニズムが、既存のものに取って代わります。

現段階では「保守的でありつつも賢い方策」とされていて、最小限のコード変更で、より確実にネットワークのテストが出来るようです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用