EEA:イーサリアムブロックチェーン上の共通設計仕様を発表|大企業誘致へ向け前進

イーサリアム企業連合が重大発表
イーサリアム企業連合(EEA)が、5月16日、ニューヨークで開催されたコンセンサス2018で、イーサリアムブロックチェーン上で共通の設計仕様となる、Enterprise Ethereum Client Specification 1.0のリリースを発表しました。
高い相互運用性により大企業の参加が増えるか
EEAの常任理事であるRon Resnick氏は、相互運用性なしには大企業は参加しないと述べ、また今回の発表でイーサリアムが「より多くの大企業を引きつけ、契約に結びつけるものになる」との考えを明らかにしました。
Enterprise Etherium Alliance (EEA :イーサリアム企業連合)とは
イーサリアムブロックチェーンの企業用途での使用を最適化することを目的として、2017年3月に、 JPモルガン、BP、マイクロソフトなど、多く世界的有力企業メンバーによってニューヨークで結成された非営利団体です。現在では、その参加企業は500以上にも上ります。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

イーサリアム企業連合が共通のフレームワークを発表

Enterprise Etherium Alliance (以下、EEA :イーサリアム企業連合)は、5月16日、ニューヨークで開催されたコンセンサス2018で、イーサリアムブロックチェーン上で共通の設計仕様となる、Enterprise Ethereum Client Specification 1.0のリリースを発表しました。

このリリースによって、これまで独自にプライベートパーミッションでの実装を余儀なくされていた企業は、極めて相互運用性の高い共通のフレームワークを使えることになります

EEAの常任理事であるRon Resnick氏は、今回のリリースがいかに画期的であるかについて次のように語りました。

「EEAのEnterprise Ethereum Specificationは、主力企業と、我々の技術委員会内のテクノロジー及びプラットフォームメンバーの、18ヶ月にも及ぶ共同作業の結果なのです。 

このEEAの、オープンソースであり、マルチプラットフォームに対応できるフレームワークによって、個別の企業部門では到底達成し得なかった、(イーサリアムブロックチェーンでの)より深く、より広い大量の採用を成し遂げることができることでしょう。」

高い相互運用性により大企業の参加が増えるか

出典:shutterstock

また、Resnick氏は、今回の設計仕様を「エコシステム全体を前進させる強力な投石器」にたとえて、次のように述べています。

相互運用性なしには、大企業は参加しようとしません

なぜなら専用ソリューションのせいで、特定の業者に縛り付けられることは避けたいからです。 

(今回の設計仕様によって)抜け出せなくなる心配はないため、より多くの大企業を引きつけ、契約に結びつけるものになると思います。」

IBMなど、多くの主力企業が参加しているオープンソースブロックチェーンには、Hyperledgerがありますが、その常任理事のBrian Behlendorf氏は、今回のリリースに対し、次のように歓迎するコメントを寄せています。

「すぐれたオープンスタンダードは、すぐれたオープンソースのソフトウェアに左右されます。

したがって、私たちは、Hyperledger Sawtooth開発者コミュニティがEEA1.0との互換性を目標とすることを大変嬉しく思っています。 

これは、まさしく、ハイパーレジャーとイーサリアムコミュニティは、ライバルではなく、協力関係にあるという、もう一つの証です。」

国家レベルでの、ブロックチェーンスタンダード設定の動きとしては、中国産業情報技術省下にあるブロックチェーンリサーチオフィスが、先週、2019年末までに全国的なブロックチェーンスタンダードを公表すると発表しています。

中国の将来的なスタンダードとEEA Specificationの互換性についてResnick氏は、中国にとっても相互運用性は大切なものだと考えるため、中国と「関わりを持ち、(情報を)シェアする」ことで、「提携できる道を探す」必要があると述べました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用