Coinbaseに出資されたCompound:イーサリアム上で仮想通貨の貸借が可能となる市場を提供か

Coinbaseの出資
米国の仮想通貨交換取引所のCoinbaseの新設のベンチャーファンドは、仮想通貨投資家にマネー・マーケット・アカウントを提供するCompound社に戦略投資を行うことを発表しました。
Compound社の目標
イーサリアムブロックチェーン上でマネーマーケットを開き、個人投資家や機関投資家のウォレットで眠っている仮想通貨に利益を生ませることを目標としています。
マネー・マーケットとは
短期金融市場とも呼ばれる、期間が1年未満の資金の貸し借りなどの金融取引が行われる市場。
マネー・マーケット・アカウント(MMA)とは
マネー・マーケット・アカウント(money market account)とは、高利回りの金融商品。流動性が高く、小切手などで口座のお金を使うことも可能(回数制限がある場合が多い)で、普通預金口座よりも金利が良い。米連邦預金保険公社(FDIC)の保険もついているため安定とされている。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Coinbaseの出資

Coinbase社は米国サンフランシスコ市に本社を置く仮想通貨交換取引所です。

CCNによれば、Coinbase社が同業界におけるスタートアップの初期段階を支援する新規ベンチャーファンドを発表したそうです。

そして、Coinbase社の新設のベンチャーファンドは5/18、仮想通貨投資家にマネー・マーケット・アカウント(MMA)を提供するCompound社に戦略投資を行うと発表しました。

仮想通貨でのMMAとはつまり、仮想通貨を預け入れることで金利が貰える、米連邦預金保険公社(FDIC)の保険もつく金融商品が提供される、ということです。

Compoundは、ブロックチェーンイノベーションを育成する新たな試みとしてのCoinbase社のベンチャー出資を受ける初めてのプロジェクトです。

今回は、Coinbase以外にも、 Bain Capital Ventures、Andreessen HorowitzやPolychain Capitalなどのベンチャーキャピタル企業からの出資もあり、総額820万ドル(約9億円)になります。

CoinbaseがCompoundを選んだ理由

今まで、ほかの仮想通貨プロジェクトは配当金や利子を生じさせる方法について議論している中、Compound社は自らのアイデアを実行しています。

Bain Capital Venturesの専務取締役を努めるSalil Deshpande氏は、同社のブログに、従来の仮想通貨資産の貸出のやり方は、

「十分じゃない。

中央集権になっていて、カウンターパーティリスク(相手方の支払い不履行リスク)が高いし、一般的には存在しないはずの、仮想通貨の種類毎に記録された板が必要とされる。」

と記述しました。

Compound社の創立者Robert Leshner氏が今回の出資発表の中で、Compound社のミッションは、「取引上やウォレットで遊休していて、なんの利益も生み出さない」仮想通貨を有意義に機能させることだとブログに記述しました。

Compoundがイーサリアムブロックチェーン上で初マネー・マーケットを始めれば、個人投資家、機関投資家は完全な流動性を下に、ETH、ステーブルコイン(価値を一定に保つ通貨)やユーティリティトークン(特定のサービスを利用するためのトークン)の利子を得ることができます。

Compoundのコア技術は、一連のオープンソーススマートコントラクトの中心である分散型ブロックチェーン基盤です。

そのスマートコントラクトの一部として、個々の仮想通貨の利子はその仮想通貨の借り需要に対応する仕組みです。

Compound社は、上記金融商品でヘッジファンドや熟練した投機者などの借り手を引き寄せると期待しているようです。

また、Compound社の技術が「従来の金融業界に大改革をもたらそうとしている」というCoinbaseのステータスにとても似通ったものがあるため、Coinbaseの支援は当然のことだと考えられます。

機関投資家をターゲットにするCompound社は、Compound社と同様に機関投資家に向けた一式の金融ツールを導入したCoinbase社と同じ立場にあるとも考えられます。

マネー・マーケットが透明かつ監査可能で、完全に予測できる為、報告義務はCompoundのコア技術によって省かれそうです。

一方で、CoinbaseはSEC認定の仲介業者になるべく、投資評価報告に力を入れているようです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用