三菱UFJ:MUFGコイン発行と独自取引所構想、19年に10万人規模の実証実験へ

三菱UFJが独自仮想通貨実現へ
    
三菱UFJファイナンシャルグループは、2015年より開発を進めている独自の仮想通貨、MUFGコインの2019年の大規模実証実験を目指し、先月から報道されているように、着実に、小規模な実証実験を重ねています。さらに、同グループによるブロックチェーン技術を応用した高速決済システムの開発も報道されました。
国内大手銀行のブロックチェーン活用への取り組み
国内大手のみずほファイナンシャルグループやゆうちょ銀行なども、独自の仮想通貨「Jコイン」の開発を進めています。その中でも、早期からブロックチェーン技術に注目し多くの開発投資を行ってきたMUFGは、一歩リードしていると言えるでしょう。
MUFGコインとは
三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)が独自に開発している仮想通貨です。 送金や支払いをより簡単に実行できるよう設計されており、専用アプリをダウンロードするだけで送金・代金支払いにMUFGコインを利用できるようになる予定です。 現在は検証段階で、2018年度内の発行を目指しており、今後1コイン=約1円で安定するよう運用される見込みです。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

三菱UFJが独自仮想通貨実現へ

世界でも五本の指に入る最大手銀行の一つ、三菱UFJファイナンシャルグループは、2015年より開発を進めている独自の仮想通貨「MUFGコイン」における、2019年の大規模実証実験を目指し、先月から報道されているように、着実かつ小規模な実証実験を重ねています。

また1月には、同コインの価格安定を図るため、本年度中に独自の取引所を開設を目指している旨を金融庁に通告したと報道されています。

邦銀による仮想通貨の発行及び、取引所開設は初めてのことで、2018年度中の実現を目指すとされています。

また、同グループによるブロックチェーン技術を応用した、高速決済システムの開発も報道されました。

21日付けの日本経済新聞では、以下のように報じられています。

「三菱UFJフィナンシャル・グループは、あらゆるモノがネットにつながる”IoT(モノのインターネット)”の普及で、小口の資金決済が飛躍的に増えるのを見据え、高速の決済処理システムを開発した。ブロックチェーン技術を使い、処理量を従来のカード決済システムの10倍超に高めた。」

また、NHKの報道によると、来年に予定されている実証実験は、10万人規模の大掛かりなものを想定しており、銀行の顧客がスマートフォンに専用アプリをダウンロードした上で、自身の口座預金を「MUFGコイン」に替えて利用します。

コンビニや飲食店での支払いのほか、割り勘など個人間の送金にも利用してもらい、決済がスムーズに行われるかどうかや、セキュリティ面で問題がないかなどを検証」するとしています。

これに先立ち、4月には、米アマゾンウェブサービスの画像認識技術を利用した、無人店舗の実証実験が行われ、また、三菱UFJ本部ビル内の既存のコンビニでもMUFGコインでの支払いに対応するレジを設け、実際の店舗での決済の実証実験も行っています。

三菱UFJファイナンシャルグループ (以下MUFG) の独自の仮想通貨開発は、2016年2月の朝日新聞の報道で公になり注目を集めましたが、MUFGの仮想通貨及びブロックチェーン技術への取り組みは実に多岐にわたっており、その重要性がMUFG内でいかに大きいかを垣間見れます。

MUFGは2015年9月末に、分散型台帳開発を専門とするアメリカの企業、R3社が中心となり金融事業者が参加するR3コンソーシアムに参加していますが、おそらく当時より、IT及びブロックチェーン技術が金融の世界に及ぼす影響の大きさと、その潜在的可能性を認識していたと思われます。

2016年7月には、アメリカの大手仮想通貨取引所、Coinbaseとの資本・業務提携を発表しています。

3月に行われ、「デジタル通貨で生まれる新たな世界」をテーマにMUFGコインのAPIを活用した新サービスのアイデアを競う、日本の金融機関では初めてのハッカソンの開催もその一環でしょう。

このような動きから見えてくるのは、銀行の存在意義をも脅かしかねない、P2P決済の機能を持った仮想通貨の利用が拡大していく将来を見据えた、銀行としての”生き残り戦略”ではないでしょうか。

国内大手銀行のブロックチェーン活用への取り組み

国内大手のみずほファイナンシャルグループやゆうちょ銀行なども、独自の仮想通貨「Jコイン」の開発を進めています。

こういった中で、実証実験まで漕ぎ着けているMUFGコイン発行への着実な進展、ならびに、ブロックチェーン技術を応用した高速決済システムの開発を鑑みれば、早期からブロックチェーン技術に注目し多くの開発投資を行ってきたMUFG が一歩リードしていると言えるでしょう。

ここでいう「ブロックチェーン技術を応用した高速決済システムの開発」とは、モノのインターネット(IoT)化が進む中で、IoT対応機器による小口キャッシュレス決済の需要の高まりに注目し、MUFGが2019年の実用を目指す高速決済システムのことです。

このシステムは高速データ通信の米Akamai Technologies社と共同開発し、同社の超高性能サーバーでブロックチェーン技術を使った処理を行います。

これにより、現在の大手クレジットカードの決済処理能力の10倍に当たる毎秒100万件以上の情報を処理することができ、取引にかかるコストも大幅に縮小することができると報じられています。

先進国の中では、現金決済の割合が高い日本ですが、銀行最大手、MUFGのブロックチェーン技術をはじめとする様々な最新技術を積極的に取り入れた経営は、キャッシュレス社会への移行を促すとともに、仮想通貨との関わり方を含む経済活動にこれからも大きな影響を与えていくことは、間違いありません。

   

CoinPostの関連記事

三菱UFJ:独自通貨MUFGコインでレジなし店舗実験|Amazon技術を利用
三菱UFJが、Amazon(アマゾン)の認証技術を使って、MUFGコインのレジなし買い物決済の試みを始めたとロイターにて報じられています。その他の銀行や大手企業でも独自通貨発行の発表が相次いで行われています。
メタップスのウォレットアプリpring(プリン):みずほFGのデジタル通貨「Jコイン」で導入か
みずほ銀行などがキャッシュレス決済の実証実験を福島県で開始。メタップスのウォレットアプリ「pring(プリン)」を採用を発表しており、利用者や決済端末の提供で、東京電力やNTTドコモが実験に協力。円の価値とペッグするデジタル通貨「Jコイン」でも導入へ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用