CoinPostで今最も読まれています

ATH達成のビットコイン相場は荒い値動き、SOLなどFTX関連銘柄が活性化傾向に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場の値動き

22日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比-2.4%の720万円(63,150ドル)と反落した。

BTC/USD日足

足元の過熱感もあり利益確定売りが先行した。ビットコインは、今年4月に記録した過去最高値(ATH)64,900ドルの更新で上昇が一服。

相場急騰からの調整局面では、一部取引所でフラッシュクラッシュが発生した。米ニューヨーク時間7:30過ぎ、Binance.USで1BTC=8,200ドルまで急落したことが確認された。他取引所では62,000ドルまでの下落に留まっており、通常の市場価格とは異なる異常値と言える。Binance.USを利用する機関投資家によれば、「市場急変時に取引アルゴリズムのバグが引き起こした可能性」がある。

関連:米国版バイナンスでビットコインが一時8,200ドルに、原因は

昨日のレポートにもあるように過去最高値圏での乱高下が示唆されていたが、最高値更新で大局は”強気トレンド”の真っ只中にあり、ETF関連の思惑も継続していることから、急落後の下値では機を窺う投資家も少なくないものとみられる。

関連:ビットコイン過去最高値更新でアルト市場に資金流入、相場の乱高下に警戒感も

米国初のビットコイン先物上場投資信託(ETF)が、ニューヨーク証券取引所に歴史的な上場を果たしたことを受け、市場のリスクオンセンチメントが加速。BTC価格が高騰していた。今後証券市場を介して、米ウォール街の潤沢な資金が断続的に暗号資産(仮想通貨)市場に流れ込む可能性がある。

これについて、金融大手JPモルガン・チェースのアナリストは、「金(ゴールド)よりも優れたインフレヘッジとしての認識が主な上昇理由だ」と指摘。「今年9月以降、「ゴールドETF」からビットコインファンドへの資金移動を引き起こしている」との見立てを示した。

1年ほど前のビットコイン(BTC)高騰局面でも、「ゴールドETF」からの資金流出が取り沙汰されていた。20年11月時点で、ビットコイン投資信託への資金流入ペースが、金(ゴールド)ETFを上回り始めたことを示している。

また、米ブルームバーグのアナリストMike McGlone氏は今年3月、通貨の役割の一つである「価値の保存手段」として、これまでの歴史で”オルタナティブ資産”の代表格として認知されてきた「ゴールドに置き換わるペースが加速してきた」と指摘した。

20年3月のコロナ・ショック後も右肩上がりに伸び続けてきた「ゴールド」の上場投資信託(ETF)の保有量は、2020年10月ごろを境に減少に転じている。(白線)。その一方、ビットコインの現物価格をゴールドの現物価格で割った数値(黄線)の差は広がっている。

関連:「ビットコインがゴールドに置き換わるペース加速」ブルームバーグのアナリストがデータ考察

個別銘柄の動向

アルト市場に資金が流れ、時価総額2位のイーサリアム(ETH)が過去最高値付近まで到達するなど浮き足立った動きも見えたが、BTCやETHなど主要銘柄はここ最近の高騰の反動で利益確定が先行した。

一方、いくつかの銘柄は逆行高に。Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキング上位のソラナ(SOL)が前日比+8%、前週比+20%の200ドル台まで上昇したほか、アバランチ(AVAX)が前日比+4.1%、チェインリンク(LINK)が前日比+6.5%となった。

出典:Messari

データアグリゲーターのDeFiLlamaによると、DeFi(分散型金融)プロジェクトにロックされた合計値(TVL)は、過去最高の126億ドル(1.4兆円)規模に達した。

defillama.com

プロトコル別では、自動マーケットメーカーのSaber(SBR)やソラナ基盤の分散型取引所として利便性の高さに定評のある「Raydium」が上位を占める。

ソラナベースの資産管理プロトコルであるSynchronyFinanceが420万ドルの資金調達したほか、初のSolana上に構築されたリキッドステークプロトコル「マリネファイナンス(Marinade Finance)」への急速な関心の高まり、IGNITION ハッカソン関連プロジェクトに関する思惑などが寄与している。

ソラナへの初期投資のほか、20年7月にはソラナ基盤の分散型取引所Serumを開設するなど、深い関係性のあるのが、最大手デリバティブ(金融派生商品)仮想通貨取引所FTXだ。FTXを運営するFTX Trading Ltd.は、約2.8兆円の企業評価額に基づいて資金調達したことを発表した。

これを受けて、FTX Token(FTT)やSerum(SRM)など、FTX関連銘柄が総じて強い。

関連:仮想通貨取引所FTXが約480億円調達、評価額2.8兆円に

トレーディング会社アラメダ・リサーチとFTXを率いるサム・バンクマン・フリードCEOは、弱冠29歳の天才投資家・経営者としても知られる。

米フォーブスが特集する最新版の長者番付にて、世界最年少のビリオネア(総資産10億ドル以上)として紹介されるなど、若くして大きな成功を収めた仮想通貨・ブロックチェーン業界の象徴的存在として、今後の動向も注視されることになりそうだ。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア