夕刊CoinPost|5月27日の重要仮想通貨ニュースまとめ

夕刊CoinPost
学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPost重要ニュース3選

2日間で国内上場企業5社が仮想通貨取引所開設の意向を表明:株価は一時的に大幅上昇

5月23日と24日のわずか2日間で、5社の国内上場企業が仮想通貨取引所開設の方針を新たに明らかにした。

その影響で、仮想通貨交換業への参入を新たに表明したほとんどの企業の株価は一時的に上昇しており、仮想通貨市場の拡大に投資家の期待が集まっていることが伺える。

2日間で国内上場企業5社が仮想通貨取引所開設の意向を表明:株価は一時的に大幅上昇
5月23日と24日の2日間で5社の国内上場企業が新たに仮想通貨取引所開設の方針を明らかにしました。これらの企業の株価は一時的に大きく上昇しました。大和証券などの大手証券会社の参入の動きも広がっています。

仮想通貨取引App提供しているTaylor:1億6千万円相当のETHが盗まれる

仮想通貨の取引アプリを提供しているTaylor社は、およそ150万ドル(約1億6千万円)相当の2578ETHに加え、Taylor社が発行するTAYトークンがハッキングにより盗まれたことを5月22日の同社のブログで発表した。

この事件での今後の対応などどうするかが掲載されています。

仮想通貨取引App提供しているTaylor:1億6千万円相当のETHが盗まれる
ICOによって資金調達を行い仮想通貨の取引アプリを運営するTarlorはハッキングにより約1億6千万円相当のETHが盗まれたことを発表しました。ICOは莫大な資金の調達手段となっている一方、詐欺やハッキングが後を立ちません。

無料で仮想通貨が貰える:エアドロップサイト4選

仮想通貨プロジェクトで、マーケティング方法として非常に人気のエアドロップの情報サイトを4つ掲載しました。

エアドロップイベントを通知し、トークン配布の受け取り方を知ることが出来るサイトになっていますので、仮想通貨初心者の方や、無料で仮想通貨が欲しい方など、サイト情報を参考にして頂けたらと思います。

無料で仮想通貨が貰える:エアドロップサイト4選
エアドロップで仮想通貨を配布することは、既存のユーザーや新規ユーザーを獲得するためのマーケティング戦略で、特定の仮想通貨取引所を促進する方法としてかなり多くのプロジェクトがエアドロップを使ってコインを配布しています。リンクのサイトはご自身の判断でおこなってください。

Pick Up(全般)

CryptoKitties開発者:秘密保持契約(NDA)違反に関する訴訟に直面

CryptoKittiesのデベロッパーAxiom Zen社がNDA違反で訴訟に直面している。

NDA違反の詳細な情報が分かり、正確に何が起こっているのか、今後プロジェクトにどのような影響を与えるかが話題になっている。

また、PRに起用されていたNBAのStephen Curry氏の情報は、CryptoKittiesのサイトから削除されている模様。

NBAのスーパースターStephen CurryとCryptoKittyのコラボが実現
NBAのスーパースターStephenが、人気No.1ブロックチェーンゲームCryptoKittyと提携。オークションはすでにスタートしており、昨年12月に記録した過去最高の落札額「約1,000万円」を超えるか注目を浴びています。

Sygniaは今年の後期に南アフリカで仮想通貨取引所をオープンすることを計画

南アフリカ共和国の首都ケープタウンを拠点とするアセットマネジメント会社Sygniaは、投資家からの仮想通貨に対する関心が高まっていることに対応し、第3四半期に仮想通貨取引所を開始することを計画している。

SygniaのCEO、Magda Wierzycka氏は、金融業界の主要なファイナンシャルサービス機関として、国際的なインフラストラクチャー、優れた管理体制と標準の預金商品との統合によって、投資家に安全な取引と実行プラットフォームを提供出来ると述べている。

加えて、同社が2018年第3四半期にSygniaCoinを発売することを目指していることが分かっている。

ベネズエラ:収益生み出す仮想通貨マイニングブーム

ベネズエラのボリビア共和国は、世界で最悪のハイパーインフレ危機の1つになっている。

その影響で市民は、足りないお金を埋め合わせるために仮想通貨マイニングに頼っている現状。

今年の初めに、ベネズエラの大統領Nicolas Maduro氏は、国全体の市民がマイニングファームを作るよう促すプログラムを開始し、地元の報道によると、ベネズエラ全体をマイニングファームを設立するべきとも述べている。

参考記事はこちら

ベネズエラ:Localbitcoins内で取引高が急上昇

ベネズエラの経済的不安が増え続ける中、地元の人々はBitcoinを購入するため多くの資金を入れている。

現時点で、1 sat=6 ベネズエラボリバル(VEF)になっており、1 BTCの価格は、600,000,000 VEFになっています。

LocalBitcoins.com(取引所外でOTC取引を行うことができるウェブサイト)でのベネズエラ人のアクティビティは、先週で3,870,000,000,000 VEFに達しているという驚くべきスピードで急増していることが分かる。

参考記事はこちら

南アフリカ警察:BTCグローバルは詐欺的なポンジ・スキームであるとし、捜査

南アフリカ警察が25日、大規模な仮想通貨投資詐欺疑惑を追跡していると明らかにし、声明によると、2万8000人以上の投資家が計10億ランド(約87億5000万円)を超える損失を被った。

南アフリカ優先事件捜査局(DPCI)の捜査班であるホークスは、BTCグローバルとして知られているビットカウ・トレーディング社が事件に関与していると述べた。

ビットカウ・トレーディングは自社とBTCグローバルとの一切の関係を否定している。

参考記事はこちら

ビットコインに中立はない:ブームバスト理論

デジタルカレンシーグループの100%子会社、グレイスケール・インベストメンツ社(Grayscale Investments,LLC)の取締役社長のMichael Sonnenshein氏は、ただのバブルか、未来の通貨になるか、またはその他の立場を支持するかどうかに限らず、必然的に結論がブームバスト理論(相場は必ず熱狂し、破裂する)に従うことになると述べた。

Sonnenshein氏によると、ビットコインには中立の立場はなく、私たちが考える素晴らしい物になり価格がさらに高くなるか、ゼロになるかのどちらかだと供述した。

参考記事はこちら

KickstarterでBitcoinがテーマのカードゲームが登場

2人のバカ投資家と名付けたBrandonとSamという名前の2人男性達が、ビットコインをテーマにしたテーブルカードゲーム、Bitcoinを作りました。

Bitcoinは、市場のボラティリティを味わえるように、相手を攻撃し、投資金が無くなる前にCashOutカードを使い現金化で逃げるなど、リスクのない大口投資家の気持ちになれるゲームだという。

トロン(TRX)メインネットローンチ間近

5月31日11:00am(UTC+8)に実行され、日本時間では31日の10:00amに行われる。

Nem(XEM):仮想通貨勉強会 in タイ

NEMの普及と振興を目的として設立されたNEM財団公認の、初心者向け仮想通貨勉強会がタイのシラチャで行われる。

この勉強会は日本語で行われ、ブロックチェーンとNEMの取り組みについて学べるとのこと。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用