XRPの広がる多様性|3〜5日掛かる国際送金がxRapidにより数秒で完了

消費者にも使用されるリップル社の技術
2018年4月にサンタンデール銀行は、リップル社のxCurrentを使用することで、顧客が国際送金を迅速に行えるOnePay FXというアプリをリリースしました。このサービスは、世界初の取り組みとなっています。
金融機関でも広がるXRP
イギリスで銀行為替仲介業を行うCurrencies Directも先日xRapidを使用した国際送金テストに成功し、金融機関での国際送金として利用も着々と進められています。
xCurrentとは
xCurrentはRipple社が提供する金融機関向けソフトウェア(国際送金システム)であり、金融機関とRippleNetを接続するためのソリューションのことです。これにより、中央集権型ネットワークを介することなく、リアルタイム送金が可能になります。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

xRapidとは
xRapidは流動性コストを最小化したい送金業者や金融機関のためのソリューションです。XRPをブリッジ通貨とすることで、新興国市場への支払いにおける流動性コストを最小限にすることができます。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

仮想通貨市場において時価総額第3位を誇るXRPは、銀行間の国際送金の効率化を目指して作成されましたが、その取引スピードの速さと、取引手数料の安さから、金融機関だけでなく、個人に至るまで、より幅広く採用されてきています。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

消費者にも使用されるリップル社の技術

2018年4月に、サンタンデール銀行は、リップル社のブロックチェーン技術を使用し、国際送金を迅速に行うことを目的とした”OnePay FX”と称するアプリをリリースしました。

このアプリは、現時点で、スペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドの4カ国のサンタンデール銀行顧客に対応しており、リップル社のxCurrentを使用することで、1日という短期間での国際送金を可能にしています。

このサービスは、リップル社のブロックチェーン技術を使用した世界初の消費者向け国際送金サービスアプリとなっており、リップル社の技術が個人にまで及ぶ良い事例となりました。

そして、5月28,29日に、ドイツのベルリンで行われた BLOCKSHOWでリップル社の暗号作成責任者を務めるDavid Schwartz氏は、以下のように主張しました。

「私達は、すでにデジタル化された法定通貨を使用することができ、銀行に行って、同銀行内に口座を持つ人に数秒でお金を送金することができます。

しかし、革命的なのは、デジタル資産を使用することで、国境をまたいで数秒のうちに、資金を動かすことができるということなのです。」

金融機関でも広がるXRP採用

イギリスの銀行為替仲介業を行うCurrencies Directも先日、仮想通貨XRPを使用し、効率的に高い流動性を実現させ、リアルタイム、低コストで取引を実現させるxRapidを使用した国際送金のテストを行い、通常であれば、3〜5日かかる国際送金を数秒で完了させることに成功しています。

Currencies Directの最高商品責任者であるBrian Harris氏は、今回の国際送金テストに対し、以下のようにコメントしました。

「今回のXRPを使用したテストは、圧倒的な成功を収めました。

私達は、次なる段階を模索している段階ではありますが、今回の結果から、XRPの使用は劇的な変化をもたらし、即時支払いに近づけ、顧客へのサービスを飛躍的に高めることを証明しました。」

さらに、彼は、仮想通貨を”価値の保存(Store of Value)”ではなく、”価値の移動(Transfer of Value)”として使用することが、金融業界の発展を担うと考えています。

そして、リップル社は、今月5月に、XRP及び、XRPレジャーのさらなる普及を目的として、有望だと判断された企業や、プロジェクトに対し、技術的、資金的支援を行うXpringプロジェクトも発表しました。

このプロジェクトでは、現時点で、金融分野に限らず、貸出サービスや、エンターテインメントなど多種多様なプロジェクトへの援助を発表しています。

リップルの新プロジェクト「Xpring」で拡大するXRPの可能性
リップル(Ripple)社は、XRPやXRPレジャーのさらなる普及を目指し、それらを使用した企業やプロジェクトに対し、経済的、技術的な支援を行う「Xpringプロジェクト」を発足させました。

このように、今後XRPが国際送金分野だけでなく、それ以外の多様な分野でも採用され、企業向けだけでなく、消費者向けのサービスにも採用されていくことが期待されています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用