ビットコインが金融危機への新たな資産逃避先と市場恐怖指数として需要拡大か

Equity Armor Investmentsの代表Stutland氏の主張
Equity Armor Investmentsの代表を務めるStutland氏は、CNBCに対し、ビットコイン価格とCBOEの恐怖指数に相関性があり、ビットコイン価格が、将来の恐怖指数を示唆している可能性を述べました。
相関性の有無
ビットコイン価格と恐怖指数の相関については、ドイツ銀行やCBOEも以前言及していましたが、その確実性について確認するにはさらなる時間を要するでしょう。しかし、Stutland氏が言う通り、もしビットコイン価格が将来の恐怖指数を示唆しているのであれば、市場の動きを予測する優れたツールとなるのではないかと期待されています。
VIX指数とは
恐怖指数のこと。 相場が暴落するとVIXが大きく上昇する。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコイン価格と恐怖指数の相関性

VIX指数分析家であり、Equity Armor Investmentsの代表も務めるBrian Stutland氏(以下、Stutland氏)は、CNBCに対し、ビットコイン価格とシカゴ・オプション取引所(以下、Cboe)が定める恐怖指数(VIX指数)に相関があり、ビットコイン価格は将来のVIX指数を示していると言及しました。

恐怖指数と呼ばれるVIX指数は、ボラティリティ・インデックスの略称であり、CBOEが、アメリカ市場に流通する代表的な500銘柄を用いた株価指数であるS&P500のオプション取引のボラティリティを元に算出しています。

このVIX指数は、投資家心理を測る基準として使用されており、その数値が高ければ高いほど、投資家達が相場の先行きに不透明感(不安視)を持つとされています。

CNBCに対し、Stutland氏は、以下のように主張しました。

「VIX指数と30取引日前のビットコイン価格には、大きな相関性が見られ、市場の信用リスクを測る指針になっています。

それが仮想通貨の新たな使い道となっているのです。

そして、銀行業界の信用リスクを抑える役割も担っています。」

もしこの相関が事実なのであれば、現時点のビットコイン価格で、30日後の未来の恐怖指数を予測し、市場の動向も予測することができるのではないかと注目されました。

CBOEの公式サイトでも、ビットコイン及び、VIX指数には相関関係が見られることが以下の図を用いて説明されています。

出典:Cboe

CBOEは、注目すべきは、2017年において、ビットコインの30日間のボラティリティが76%であったのに対し、VIX指数は、85%とより高いボラティリティを誇っていたと記述しています。

さらに、Stutland氏は、「ビットコインが、投資家達の資金を銀行の貸借対照表から、自身の資産管理場所に移す方法でもある」と語り、信用リスクを抑え、株式市場のリスクからも引き離す新たな資金の逃避先ともなっている可能性があることを主張しました。

ドイツ銀行の国際金融戦略部門に務めるMasao Muraki氏も、同僚のHiroshi Torii氏、Tao Xu氏と共にビットコイン価格とVIX指数に相関関係があり、その相関の高さは、2018年の最初の3週間で”劇的に高まった”とコメントしました。

この相関性は、さらに時間が経過すると共に評価されるべきではありますが、もし相関が確かに存在するのであれば、ビットコイン価格は、市場全体の動きを予測する上で非常に優れた基準になるのではないかと期待されています。

新たな資産先としてのビットコイン

昨日イタリア経済の動きに対して、ビットコインの買いが強まったことが報道されました。

現在イタリアの政局混乱により、経済危機が懸念され、ユーロや国債を売る動きが強まっています。

イタリア経済はギリシャの10倍近い経済規模となることから、影響力が多大です。

この様な状況の中、市場分析家は、ビットコインの急激な価格回復は、イタリア政局の混乱が金融市場に影響を及ぼしたと同時に起こったと指摘。

国に縛られないビットコインが、金など有事の際の資金避難先として注目される動きも強まっているかもしれません。

CoinPostの参考記事

イタリア財政危機|政局不安からビットコイン買いが増し仮想通貨全体の価格高騰か
イタリアの政局混乱からユーロやイタリア国債を売る動きが強まっている中、5月29〜30日にビットコインの買いが増し、価格は急激な上昇を見せました。法定通貨の価格が不安定になるとビットコインが買われる「有事のビットコイン買い」が行われています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用