Nasdaq:仮想通貨市場参入は現状難しい|参入への鍵は市場規制の厳格化

仮想通貨市場は現在ハイプサイクルの流行期のピーク
ナスダックCEOを務めるAdena Friedman氏は、仮想通貨市場参入などに関するインタビューで、仮想通貨市場は規制がまだまだ不足している点や、価格がハイプサイクルの「流行期」頂点にある状況であり、現状では市場参入より、技術提供者として技術提供に力を入れていることを言及しました。
ハイプサイクルとは
主にIT関連で話題となる新技術の認知度や期待度が、時間経過と共にどのように変化していくかを表したサイクルのことである。ハイプサイクルの典型的な流れは以下の通りである。まず、新技術の登場時は盛んに紹介され(黎明期)、その可能性や将来性がもてはやされる(流行期)。やがて、空騒ぎの状態に陥った過度の期待は逆に幻滅を招き、期待度を急落させる(反動期)。その後、生産性が安定していくに伴い、期待度も緩やかに上昇していき(回復期)、市場の成熟を迎える(安定期)。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

6/5、ブルームバーグのビジネス番組のインタビューで、ナスダックCEOを務めるAdena Friedman氏は、ブロックチェーンと仮想通貨について、自社の今後の動向や自身の複数の見解を述べました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ナスダックシステムの提供

まず初めに、番組のMCの今所有している仮想通貨に関する質問に対し、Friedman氏はまったく持っていないと答えました。

最近では、ゴールドマンサックスやCMEのような大手金融機関が仮想通貨先物取引への参入が話題となっている一方で、Friedman氏はナスダックにおける同市場への参入予定について、以下のように述べました。

「いつ参入するか、または本当に参入すべきなのかについて、我々は今まで研究指向のアプローチを取ってきた。私は、仮想通貨の仕組みを理解に努めており、インターネット上の金融要素となり得ると思うが、現時点では、国際貿易において、基本的な目的を持ってなく、投機目的がメインである一種の資産である。しかしながら、仮想通貨仕組みの全体像を見渡せば、グローバルで滑らかな貿易を可能にするのが本来の目的だと思われる。」

そして、Friedman氏はナスダックの仮想通貨取引所導入に関して、以下のように続けました。

「この市場には規制がまだまだ不足している事や、仮想通貨の価格がハイプサイクル「流行期」のピークにあります。でも、関わっている業者や企業も多くある中で、数多くの取引所がよりフェアなマーケットルール、技術の改善と市場活動の健全な監視を目指すべく、自主規制の方向へ進んでいる現状は大変励ましい。それを見据えて、我々は、技術提供者として、今後も得意とする監視・マーケット技術を提供し続けるつもりだ」

SBIVCの導入

今日本で取引所の本格始動として注目を集めているSBI ヴァーチャルカレンシーズの取引所。

SBI北尾氏hs投資家向けの決算説明会にて、同取引所にてこの米NASDAQのシステムを使用することを明かしています。

利点としてNASDAQのシステムはSBIのPTS(時間外取引)で使用されており、強固なシステムの盤石ぶりに対して、太鼓判を押していました。

CoinPostの参考記事

仮想通貨取引所『SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)』最新情報まとめ|大きく期待できる5つの理由
「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」仮想通貨交換サービス(VCTRADE)が8月から本稼働開始。テレビCMの実施予定、取引所モデルの板取引開始、イーサリアム(ETH)の取り扱い開始など、最新情報をまとめています。【8/1更新】

市場参入について

また、最近、米仮想通貨取引所ジェミニやイスラエルにある仮想通貨取引企業にナスダックの独自の取引プラットフォームやモニタリング技術でパートナーシップを結んだこと、仮想通貨市場参入について、Friedman氏は以下のように語りました。

「ウィンクルボス兄弟は(マーケットによく見る様々な)トラブルを回避するために我々の技術を活用し、健全な取引モニタリングを築いている。これは技術分野のパートナーシップなのだ。一方で、市場分野においては、我々は、先物取引について、綿密な調査を行ってきた。結果としては、証券取引所として率先して市場への参加はまだ必要な状況ではない。まずは、数多くの仮想通貨取引所による仮想通貨の時価情報の的確さを確かることが先決で、商品を提供してしまうと信用を失うだろう。第二に、市場規制が多くなっていくことでの、主流市場となり得る状況に伴い、改めて決めるつもりだ」

仮想通貨とは別に、ブロックチェーン技術について、同CEOが以下のように前向きなを態度を明かしました。

「ブロックチェーンは長期的に間違いなく革命的な技術となるが、現段階では、実行するのが難しい。とはいえ、私は近い将来我々のビジネスの力になってくれると思う」

過去、Friedman氏はCNBCのインタビューでいつかは仮想通貨取引所開設を検討すると言及しましたが、規制や市場の変動性が不明瞭な中、時期はまだまだ曖昧な状況と言えるでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用