HUGMA、セクシー女優との食事権やムービー作成権のNFTオークションへ

セクシー女優のNFTオークション

NFT(非代替性トークン)を通じて、AVの海賊版撲滅等を目指す「HUGHUG COINPROJECT(HUGHUG)」は25日、セクシー女優のNFTオークション開始を発表した。公式mediumで明かされた。

オークションは、HUGHUGの独自NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「HUGMA」上で、1月25日21時から開始される。終了時に最も高い価格で入札した所有者がNFTを取得できる仕組み。

今回対象となるのは、HUGHUGオフィシャルアンバサダーでもある、橋本ありな、波多野結衣、上原亜衣のセクシー女優3人。

バイナンス・スマートチェーン(BSC)基盤の分散型取引所PancakeSwapなどで取引可能なHGHGトークンで購入でき、MetaMask、TrustWalletといったデジタルウォレットに対応する。

オークションで販売されるNFTは、セクシー女優と1対1で食事できる権利のほか、セクシー女優が「おはよう(Good Morning)」「おやすみ(Good Night)」「好き(I love you)」「頑張れ(Cheer)」などの挨拶と共に落札者の名前を呼んでくれる「ショートムービー作成権」と引き換えることのできるNFTになるという。

関連:NFTで海賊版防ぐHUGHUGプロジェクト、新規契約のセクシー女優4名発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します