夕刊CoinPost|6月19日の重要ニュースと仮想通貨情報

夕刊CoinPost
学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。エアドロップ情報を下に掲載しています。
目次
  1. 中国:中国人投資家は別のブル市場を予想している
  2. 仮想通貨市場はICOバブルが弾けると堅実に成長していくだろう
  3. Braveブラウザ:広告プログラムの試験版リリース
  4. スイス:仮想通貨会社は投資家に資金を配布するライセンス取得
  5. オントロジー:Contentosと提携
  6. ブロックチェーンに互換性があるプロジェクトトップ4
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPost重要ニュース3選

まずは、CoinPost記事のニュースから。

ビットフライヤーを含む仮想通貨交換業登録業者5社に「業務改善命令」か

日経新聞社は19日、金融庁が今週にもビットフライヤーなど仮想通貨交換業登録業者に対して、マネーロンダリング(資金洗浄)対策を含む内部管理体制に不備がある事から、「業務改善命令」を出す方針を固めたと報じた。

詳細については、以下の記事をどうぞ。

ビットフライヤーを含む仮想通貨交換業登録業者が業務改善命令へ
日経新聞社は19日、金融庁が今週にもビットフライヤーなど仮想通貨交換業登録業者に対して業務改善命令を出す方針を固めたと報じました。

2兆円規模の仮想通貨流入予測も:安心保管のカストディサービスが今望まれる理由

Coinbase社のカストディプロジェクトを統率している、Sam McIngvale氏によると、安心保管の「カストディサービス」導入により、金融機関などからおよそ200億ドル(2兆200億円)規模の仮想通貨が、同事業に流入することが予想されている。

また、米ウォール・ストリートの大御所3社も仮想資産のカストディサービス展開について検討中。

詳細については、以下の記事をどうぞ。

2兆円規模の仮想通貨流入予測も:安心保管のカストディサービスが今望まれる理由
安心・保管の「カストディサービス」導入により、およそ200億ドル(2兆200億円)規模の仮想通貨が同事業に流入することが予想されており、米ウォール・ストリートの大御所3社も仮想資産のカストディサービス展開について検討している。

自主規制団体:成果型報酬(アフィリエイト)による勧誘禁止を自主規制ルールの骨子として検討

業界団体の日本仮想通貨交換業協会(VCEA)が、仮想通貨業界の世界情勢や金融庁の意向を踏まえ、100ページ近くに渡る「自主規制ルール案」の骨子を検討中であることが判明した。

詳細については、以下の記事をどうぞ。

自主規制団体:成果型報酬(アフィリエイト)による勧誘禁止を自主規制ルールの骨子として検討
先日発足した仮想通貨業界の自主規制団体が、金融庁の意向などを踏まえ、100ページ近くの「自主規制ルール案」の骨子を検討。インサイダー取引規制や、アフィリエイト広告の勧誘禁止などを盛り込んだ。

Pick Up(全般)

中国:中国人投資家は別のブル市場を予想している

中国の仮想通貨投資家は、別のブル市場を予測しており、最近の金融市場の状況は少し荒れているが、現状よりも楽観的に見ている。

投資家は、業界に参入準備をしている数千の新しいデジタルトークン投資ファンドという形で資本が増えてきているため、金融業界が別のブル市場があると考えており、Genesis Capital、Sun Zeyuの設立パートナーは、仮想通貨の価格が10月に比較的に高くなると考えている。

“今年の下半期にベア市場があったとしても、私は終わりに近づいている”と、中国メディアのTencent Technologyに語った。

仮想通貨市場はICOバブルが弾けると堅実に成長していく

仮想通貨の取引プラットフォームを提供するeToroのCEOは、21世紀初頭に発生した「ITバブル」に準え、現段階で仮想通貨を手放すのは、2001年にApple株を手放すようなものだと語り、市場の成長性を示唆した。

前年度のビットコイン価格変動が示唆されていれば、2018年後半にリバウンドが起こるだろう。

現時点で、保有分を売却した者は、大きな金額を逃してしまう可能性が高い。

Assia氏は、ICO業界については、仮想通貨分野自体ではなく、本物のバブルとみなしている。

多くのICOは、Fiverr上で数ドルで購入できるホワイトペーパーで資金を集めており、どこかの場所でのインフラストラクチャーで動いていない。

このコンセプトの全部が遠隔で成功が見込めるわけでもなく、最終的にICOバブルは何かしらの方法で弾けるだろう。

しかしそれは将来、本当の仮装通貨が成功するための足がかりとなるためだ。

Braveブラウザ:広告プログラムの試験版リリース

強化されたプライバシー機能、内蔵の広告ブロッカー、内蔵の仮想通貨(Basic Attention Token:BAT)と搭載するオープンソースWebブラウザの発行者であるBrave Softwareは、広告プログラムの試験段階に入った。

プログラムの試験に参加するBraveユーザーには、広告視聴と引き換えに同社の広告収入の70%に比例したBATの合計が支払われる。

この広告プログラムでは、ユーザが広告を表示するたびに、BATトークンを獲得することが可能で、広告を表示することを選んだブラウザユーザーは、広告によって生まれた利益の70%を配分するとのこと。

スイス:仮想通貨会社は投資家に資金を配布するライセンス取得

Crypto Fund AGは、スイスの”適格投資家”のために資金を配布するライセンスを付与された。その許可は、スイス金融市場監査局:FINMAによって発行されており、同社はまた、別の仮想通貨関連サービスの承認を求めている。

スイス仮想通貨金融グループ(CFG)の発表によると、スイス当局から仮想通貨ビジネスに今回の許可が下りたのは初めてのこと。

オントロジー:Contentosと提携

オントロジーとContentosは、2つのプロジェクトがそれぞれのビジネス専門知識を共有し、ブロックチェーン研究、アプリケーション開発、コミュニティ構築に取り組むパートナーシップを発表した。

オントロジーグローバルキャピタルはContentosに投資し、ブロックチェーンを使用してコンテンツ業界を改革し、コンテンツの価値を引き続き活用するとこのと。

ブロックチェーンに互換性があるプロジェクトトップ4

グローバルブロックチェーン採用を戻す多くの要因の1つは、これらのチェーンがお互いに交わっていないからだ。

ほとんどのブロックチェーンは、いつでも自分のことだけのことをしているように思えるが、逆に複数のブロックチェーン間のギャップを埋めようとしてプロジェクトがある。

1. Block Collider

ほとんどの人はBlock Colliderについて聞いたことがないかもしれないが、チームが目指していることは明らかだ。

PoC(proof-of-distance)コンセンサスアルゴリズムは、台帳を互いに操作できることを確実にする。

“マルチチェーン”という特徴があり、Bitcoin、Ethereum、Waves、Lisk、Neoの5つのブロックチェーン間の相互利用を可能にし、コミュニティ投票によって別のチェーンが追加される予定。

チェーン間での価値の変換、イーサリアムのスマートコントラクトをビットコイン決済を行うことが可能。

2. Cosmos

Cosmosは、相互運用性を提供するためにバリデーターに大きく依存している別のプロジェクト。

BFTコンセンサスアルゴリズムを利用し、既存チェーンにメンバーチェーンとPeg-Zonesの両方を使用して全体のエコシステムを改善する。

他のプロジェクトとは違い、このプロジェクトは今ではデータ転送するようには設計されていない。

既存のチェーンにスケーラビリティやセキュリティを追加することはできないが、変更される可能性は残っている。

3. Ark

おそらくArkは、相互運用性ブロックチェーンのために最も知られているプロジェクト。

51 delegatesとDPoSによって、バリデーターも必要となり、中央集権のリスクもある。

既存のチェーンをリンクし、Smartbridgeを使い、データと価値の両方の転送も可能になる。

必要ではないタスクを処理するサイドチェーンと異なるメンバーチェーンの拡張の仕組については、未だ不明だ。

4. Polkadot

Polkadotはブロックチェーン間の相互運用性を促進することを目指している。

DPoSアルゴリズムを使用し、必要なバリデーターを採用しているため、ある程度の集中管理が可能で、ParachainsとBridgechainsを使うことで、Polkadotは間違いなく面白い方向に動いている。

このアプローチの利点の1つは、価値とデータの両方を転送が可能なことだ。

さらに、スケーラビリティは、複数のParallel chainsを実行することによって全く新しいレベルにまで引き上げられる。これは、ブロックチェーン間のギャップを橋渡しするための他のプロジェクトとは少し異なる。

CoinPostの関連記事

最新の仮想通貨エアードロップ(無料配布)情報一覧|毎週更新
仮想通貨の無料配布イベント、エアードロップ(AirDrop)が行われる通貨の最新情報一覧です。無料配布されるイベントであるため、エアードロップ前に投資家達が買い漁り価格が押し上げられ、実施直後、価格減少しやすい傾向にあります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用