ビットコインは底打ちなのか?BTC価格・投資家感情の関連性とその分析結果

仮想通貨市場の分析手法の一つとして感情分析が注目される
スティーブンズ工業技術大学教授のチームの研究で、「より肯定的なソーシャルメディア上のコメントが投稿されている期間は、実際に、ビットコインの価格上昇に大きく影響している」といった内容が、経営情報システムジャーナル誌(Journal of Management Information Systems)に発表されています。
ツイッター投稿が分析対象に
ブロックチェーンと仮想通貨メディアのCoin Insiderに定期的に分析を発表している、Remy Stephens氏は、彼の選んだ135名のツイッター投稿の感情分析に基づき、現在のビットコインは、未だ、底値に達しているとは思えないと述べています。 
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

市場分析

底値で買って、天井で売る」は、投資で成功するためのゴールデンルールですが、実際に見極めるのは大変難しいというのが、大多数の投資家の実感ではないでしょうか。

特に、仮想通貨市場は、株式市場などに比べ、底値と天井の幅も大きく、変動の周期も短いので、成功すればそのリターンはとても大きなものになる魅力がある一方、相場の分析手法も開発途上の感が否めず、何を投資の指標にしたらいいのか、投資家にとっては悩ましい問題でもあります。

そのような中で、仮想通貨市場の分析手法の一つとして、関心を集めているのが、感情分析です。

注目を集め始める「感情分析」

アメリカのStevens Institute of Technology (スティーブンズ工業技術大学)ビジネススクールのFeng Mai教授は、他の三大学とチームを組み、330万のツイートと、34万4000に上る記事を分析し、ソーシャルメディアがどのようにビットコインの価値に与えるか、初めて統計的な検証を行いました。

研究チームは、世界でも人気の高い、公開されたビットコインフォーラム、Bitcointalkへの過去2年間にわたる投稿記事と、ビットコインに関する340万件を超えるツイートを含む、2ヶ月分のツイッターデータを、Pythonスクリプトを使用して、肯定的、否定的、その他に分けて収集し、分析しました。

VCEM という統計手法を用い、ビットコイン価格とそれに関する「おしゃべり」を比較し、さらに、より広範囲の経済効果を反映するため、S&P500株価指数、金の価格、恐怖指数などの指標の日々の価格の上下を考慮に入れました。

このチームが導き出した結論は、「より肯定的なソーシャルメディア上のコメントが投稿されている期間は、実際に、ビットコインの価格上昇に大きく影響している」というもので、経営情報システムジャーナル誌(Journal of Management Information Systems)に発表されています。

さらに、研究チームは、ツイッターの投稿者を、その投稿頻度によって、二つのグループに分け、頻繁に投稿を行なっているグループとそうでないグループのどちらが、ビットコイン価格に影響を与えるか検証したところ、大変興味深い結果が現れました。

頻繁に投稿しているグループに比べ、「声なき大多数」とも呼べる稀にしか投稿しないグループからのコメントが肯定的であった場合、ビットコインの価格を、他方の場合より、10倍以上動かしたという結果が出たのです。

これは、多くの投資家が、ツイッターの有名人のコメントには何かしらの意図が隠されているかもしれないことを、ある意味、警戒していることの表れかもしれません。

Feng Mai教授は、「長期間、まれに投稿するツイッターの有名人のコメントをフォローすることで、Bitcoinの価格予想をより正確に行うことができると言えるので、投資家や投資を考えている人々には、役に立つのではないでしょうか。」とコメントしています。

BTCはまだ底値ではない?

一方で、インフルエンサーと呼ばれる人々や著名な投資家、テクニカルアナリストのツイートの感情分析を行い、仮想通貨投資指標を発信しているデータジャーナリストもいます。 

ブロックチェーンと仮想通貨メディアのCoin Insiderに定期的に分析を発表している、Remy Stephens氏は、彼の選んだ135名のツイッター投稿の感情分析に基づき、現在のビットコインは、未だ、底値に達しているとは思えないと述べています。 

Stephens氏は、感情分析の手法は、底値の予測としては有効ではないものの、確認手段であると主張し、前出のFeng Mai教授チームが引き出した「ソーシャルメデイア上の感情はビットコイン価格の動きにリンクしている」という結論、は、彼のデータと照らし合わせても、正確だと言えると述べています。

Stephens氏によると、4月にビットコイン価格が好転した際には、全般において、圧倒的に肯定的な感情が見られたのに対し、現在は、そのような状態は見られないとしています。

また、ツイートの数も、市場の状態を表す指標で、市場が盛況な時は、その投稿数は多くなり、逆の場合は、数は減ることが判明してる中で、ここ数ヶ月で見ると、今は最もツイート数の低い期間であると述べています。

ビットコイン価格が反転するためには、今週よりも、もっと多くの確信(=肯定的なツイッターコメント)を見ることが必要だと、Stephens氏は分析しています。

ツイッター投稿が分析対象に

今では、感情分析の手法は、投資の分野に限らず、企業の事業展開戦略などにも積極的に取り入れる動きも見られ、ツイッターの投稿は多くの局面で分析対象になっているようです。

そのため、キーワードを入力することで、結果が可視化される分析用のツールなどは、一般公開されているものもあります。

また、Fear & Greed Indexと呼ばれる感情分析サイトなどもあり、一般の投資家が投資判断の一つとして、取り入れることも可能になってきています。

「投資は自己判断で」と繰り返し言われていますが、判断を助けるツールも増えているようです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用