6月末、仮想通貨市場は反発しビットコイン価格は5万円幅の急上昇:価格上昇要因は?

6月末の急反発:5万幅の上昇
6/24、ビットコインは65万円を割り込み、年初最安値を更新しました。その後の5日間は65万円付近を推移していましたが、6月末である30日朝には、5万円幅の急激な価格上昇を記録しています。今回の急上昇には、BitMEX CEOの発言が大きく関係していると考えられます。
BitMEX CEOへのインタビュー
BitMEXのCEOを務めるArthur Hayes氏が30日、CNBCのFast Moneyに出演し、「ビットコインの価格は今年中に50000ドル(約550万円)に到達する」と発言しました。同氏は、そのきっかけとして米規制当局によるビットコインETFの承認が挙げられると述べています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

6月末の急反発:5万幅の上昇

6/24、ビットコインは年初最安値を記録し、その価格は65万円を割り込みました。

参考:Cryptowatch bitFlyer BTC/JPY 1時間足チャート

最安値をつけた後の直近1週間、ビットコインの価格は65万円台付近を推移していましたが、6/30の朝方にその価格はおよそ5万円幅の急上昇を見せ、7/1 11時現在も70万円以上で価格推移しています。

今回の急上昇の背景には、BitMEXのCEOであるArthur Hayes氏が米大手TV局CNBCの「Fast Money」に出演し、ビットコインの価格について強気な見解を示したことが大きく関係していると思われます。

BitMEX CEOへのインタビュー

BitMEXのCEOを務めるArthur Hayes氏が30日、CNBCのFast Moneyに出演し、「ビットコインの価格は今年中に50000ドル(約550万円)に到達する」と発言しました。

同氏は、ビットコインの価格上昇のトリガーとして、規制当局の動きをあげています。

一度、ビットコインの価格は現在の価格水準を大幅に下回る3000-5000ドルで底値をつけ、その後米証券取引委員会(SEC)がビットコインを組み込んだ上場投資信託(ETF)を承認し、価格は急上昇し始め年内に50000ドルまで到達する、といった大胆な予想を打ち出しています。

同氏は米大手投資銀行のシティグループでトレーダーを務めていた前歴を持ち、新しい資産クラスである仮想通貨の可能性を信じてビットコインのデリバティブ商品を取り扱う取引所BitMEXを自ら開設しました。

BitMEXは今や取引高においても世界有数のビットコイン取引プラットフォームとして不動の位置を確立しており、その取引所のCEOが価格上昇に対して強気な発言をしたことは間違いなく好材料になったものと思われます。

CoinPostの関連記事

いつ価格はMOONするのか:LedgerX、BitMEX、Grayscaleの三社が仮想通貨の今後を語る
米NYで開催された世界最大級のカンファレンスである「コンセンサス」2日目には、ブロックチェーン企業3社の代表者を招き、『When Moon?(いつムーンするのか)』と題したパネルディスカッションが行なわれ、今後の仮想通貨市場に対する予測を語り合いました。
【7/2〜7/8】先読み投資情報|価格変動に注視すべき仮想通貨とイベント一覧(シアコイン・ヴィチェイン・オントロジー他)
来週(7/2〜7/8)に価格上昇や期待できる好材料など、仮想通貨の注目情報をまとめています。エアドロップやマスターノード情報もあるので、投資の参考情報としてお役立て下さい。

仮想通貨FX向けアプリ【ビットレ君】

相場が動いたらアプリでその場で決済。安心・操作性で選ぶならGMOインターネットグループのビットレ君

詳細はこちら

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用