高速ブロックチェーン「アバランチ」、BAYCのメタバース「Otherside」を誘致へ

アバランチブロックチェーンの活用を提案

暗号資産(仮想通貨)アバランチ(AVAX)のプロジェクトは、人気NFT(非代替性トークン)コレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」のメタバース「Otherside」を、アバランチのブロックチェーン上で展開するよう提案を行った。

これからOthersideのコミュニティが拡大した場合でも、アバランチのブロックチェーンであれば処理を速め、安価なガス代で利用できると主張。また、アバランチを開発するAva Labsがサポートを提供するとも説明した。一方で今回の提案には、アバランチのブロックチェーンではなく、イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションを利用すべきだとの反対意見も上がっている。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。

▶️仮想通貨用語集

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

Othersideを巡っては先月末に始まった仮想土地「Otherdeeds」の販売で注文が殺到し、イーサリアムブロックチェーンの混雑を招いた。それによってガス代が高騰し、BAYCを制作するYuga Labsが、Otherdeedsの購入に失敗したユーザーにガス代を返金する事態にまで発展している。

Yuga Labsは注文が殺到しないようにオークション形式ではなく固定価格で販売することなどの対策を講じたが、結局はイーサリアムブロックチェーンの混雑を招いたことで批判の声も上がっており、今後は独自チェーンに移行することも検討すると説明していた。

関連BAYCのメタバースプロジェクト、仮想土地購入に失敗したユーザーにETHガス代の返金を完了

サブネットを活用

アバランチのブロックチェーンには、「サブネット(Subnet)」というネットワークがある。サブネットは複数のバリデータで構成されており、そのネットワークの中で独自のブロックチェーンを展開することが可能だ。サブネット内のブロックチェーンは、ユースケースに合わせてカスタマイズもできる。

関連初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説

今回の提案では、Othersideをサブネットで展開するように勧めた。アバランチのサブネットであれば、速度、セキュリティ、手数料、カスタマイズの面で、Othersideに必要な要件を満たすことができると主張している。

今後どのように提案が進展していくかは現時点では不透明だが、コメント欄にはアバランチでOthersideを展開するのではなく、ポリゴン(MATIC)の「Polygon Supernets」など、イーサリアムのスケーリングソリューションを活用すべきだとの反対意見も上がった。「我々はイーサリアムから離れるべきではない」とのコメントもある。

関連ポリゴン、個別ブロックチェーンを構築する「Supernets」に120億円の支援基金を設立

また、今回の提案が、BAYC関連銘柄のエイプコイン(APE)を運営するApeCoin DAOに対して行われたことで、「そもそもOthersideはYuga Labsのプロジェクトで、ApeCoin DAOは何も権限を持っていない」との指摘も上がった。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します