2018年の仮想通貨暴落相場で逆行高を見せた3通貨|BNB(+72%)・EOS(+31%)・VEN(+15%)

暴落続きの下落トレンドの最中、3通貨が逆行高
受難続きの2018年は長期的な下落トレンドに突入、仮想通貨の全体時価総額はまさにナイアガラとなった。そんな中、バイナンスコイン(BNB)は+70%、イオス(EOS)は+31%、ヴィチェイン(VEN)は+15%の逆行高を見せている。
BNBとは
海外最大手の取引所「バイナンス」の取引手数料が0.05%までディスカウントされるトークン。バイナンス社のプロダクトやプロジェクトの応用など、取引所の規模拡大と共に価値面でも注目されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

EOSとは
EOSは、EOSプロジェクトと呼ばれる計画の中で開発される分散型アプリケーションのプラットフォーム、ならびにプロジェクトの資金調達のために発行される仮想通貨のことを指す。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

VeChainとは
Vechainとは、「改ざんできない」特性を持つブロックチェーン技術を活用し、商品の「真贋(しんがん)選定」を行うことができる仮想通貨です。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

市場背景

2017年、仮想通貨市場の総時価総額は約3,300%増やし、8,350億ドルという最高記録を収めましたが、それから72%も下落し続け、すでにピーク時の1/4以下になっています。

このような相場傾向においても、CoinMarketCap.comのデータ(2018/6/30時点)によれば、時価総額10億ドルを超えている上位18通貨の中で、2017年12月31日の終値よりも上昇している通貨は、3種類存在します。

またTronは、メインネットローンチの影響もあり、2017年12月31日の終値と同水準で推移しています。

Binance Coin(BNB):驚異の+70%上昇

  1. BNBは、多くの通貨の中でも数少ない実用性を持った通貨であり、バイナンス取引所で取引手数料の支払い手段として用いられます。
  2. バイナンスチームが定期的にBNBコインを買戻し、それをバーンする仕組みとなっています。流通量を減らすことにより、需要とともに価格が上昇すると思われるスキームです。

以上2点から、BNBの時価総額に直結している可能性が考えられます。

さらにBinance社は、グローバルで「仮想通貨取引所開設同盟計画」をトライアル始動、この中でBNBトークンの需要拡大が見込まれており、これからのBNBの時価総額にとって朗報だと考えられます。

CoinPostの関連記事

仮想通貨 バイナンスコイン(BNB)とは/今後の将来性について
仮想通貨バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)とは何か、また今後の将来性についてを解説しました。バイナンスコインはその特性上、Binanceの信用度や成長性に大きく影響を受ける通貨で、手数料割引や投票制度などで使われています。
Binanceコイン(BNB)に配当?需要拡大が見込まれる新プロジェクト『仮想通貨取引所開設同盟計画』
バイナンスが取引所開設同盟計画を発表 Binance社はグローバルで「仮想通貨取...

EOS:+31%上昇

  1. 同プロジェクトは、分散型アプリケーション(dApps)プラットフォームの構築を目的として開発され、毎秒数百万の取引を処理できるほどの高い処理速度を持ち、取引手数料も無料であることから注目されています。
  2. EOS開発チームは、5月30日に「Qihoo360」という中国のサイバーセキュリティ企業により発見された、いわゆる大規模な脆弱性がメインネットの開始を遅らせる懸念を一掃。問題を解決すべく、EOSの開発リーダーであるDaniel Larimer氏は、同日に急遽自身のツイッター上で、バグが一つ見つかるごとに1万ドルを贈呈すると表明しました。
  3. メインネットのローンチと共に、EOSの発行団体であるBlock.oneと、ロンドンに拠点を構えるブロックチェーン技術への投資機関であるSVK Cryptoは6月2日、およそ55億円(5,000万ドル)規模のファンドを設立するために提携を結んだと発表しました。
  4. 中国の行政機関である産業情報技術省の一端を担う、中国情報産業省電子情報産業発展研究院(China Center for Information Industry Development)は、第2回「国際パブリックチェーン技術評価指標」でEOSを1位に格付けたと判明しました。

CoinPostの関連記事

仮想通貨 EOS(イオス)とは|特徴や今後の将来性について
分散型プラットフォームEOS、ならびにそこで発行される仮想通貨EOSについて、仕組みや特徴、今後の将来性まで解説します。
EOS:メインネット未実装にも関わらず1ヶ月半で約4倍に高騰、BCHを猛追
1ヶ月半で約4倍まで急騰したEOSの価値が約1.8兆円まで到達、時価総額4位のビットコインキャッシュを猛追しています。「DPoS」のコンセンサスアルゴリズムを機能させた高速トランザクションなどが注目を集めるものの、現時点ではメインネット未実装段階であるため懐疑的な見方もあります。

VeChain(VEN):+15%

  1. 今年の1月に、世界有名な第三者認証機関DNV GL社とサプライチェーンの透明度と効率を改善するパートナーシップを締結しました。
  2. 今年の初めに同プロジェクトは、CDRP(仮想通貨災害復旧計画)という厳格なテストに受かり、トークン所有者の保護に足るプロトコルを証明しています。
  3. 3月に最大手の自動車メーカー、BMW傘下のスタートアップと、運営効率を増幅する技術パートナーシップを結びました。

さらにVENは6月29日、VeChainThorにおいて、最初のブロックが正常に生成されメインネットが始動し、7月中旬にはトークンスワップも行われる予定もしており、相場へ良い影響をもたらす可能性も考えられます。

CoinPostの関連記事

仮想通貨Vechain(VEN)とは|今後の将来性について
仮想通貨Vechainとは、「改ざんできない」特性を持つブロックチェーン技術を活用し、商品の「真贋(しんがん)選定」を行うことができるプラットフォームの通貨です。
世界4大会計事務所PwC:VeChain(VET)運営企業の株式を取得
世界4大会計事務所の一つであるPwCがVeChain(VET)運営企業の株式を取得しました。PwCはブロックチェーン監査サービスの提供を開始する予定、と過去に発表しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用