アルト市場の活況が示唆するものとは・明確なユースケースを持つNEOとGASが急騰|7/5(木)

仮想通貨市場
バイナンスニュースの懸念が解消されたことで市場が下げ止まり、堅調な推移を見せるアルトコイン市場は、ZILや0x、Aeternity、Bitsharesなどが8%を超える高騰を見せた他、時価総額100位の中でも、30通貨が前日比5%を超えるプラスで推移している。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨市場

7月4日22時にビットコインが急騰し、5日19時現在も前日比でプラスを維持しています。

出典:TradingView

特に本日の相場で注目すべき点は、アルトコイン市場の強さでしょう。

昨日バイナンスの緊急メンテナンス告知(取引の一時休止など)が影響し、ビットコインが急落したことで、堅調に推移していた仮想通貨市場の上昇トレンド終了が危ぶまれましたが、市場は持ち直しました。

好調な推移を見せるアルトコイン市場は、ZILや0x、Aeternity、Bitsharesなどが8%を超える高騰をしている他、時価総額100位の中でも、30通貨が前日比5%を超えるプラスで推移しています。

アルト市場の活況ぶりは、長期的な下落相場では現れにくい傾向であり、市場の活性化をみる指標として重要となります。

本日、時価総額150位までの主要通貨の上昇率ランキングは以下の通りです。

6/5:上昇率ランキング
Rank 通貨名 上昇率
1位 GAS(GAS) +36.3%
2位 Electroneum(ETN) +27.8%
3位 0x(ZRX) +19.1%
4位 NEO(NEO) +17.8%
5位 Mithril(MITH) +17.3%

高騰率が目立ったのはNEOとGAS、NEOプラットフォームで稼働する2つの通貨です。

GASはネオプラットフォームを動かすための燃料などの役割がある通貨であり、NEOの配当としても有名であり、価格が連動しやすい傾向にあります。

NEOは昨日、非中央集権を強調したことが海外メディアを中心に取り上げられ、現在SECからも追加情報が開示されない中で、議論が加速する有価証券の問題にマッチする形で価格を伸ばしました。

また、NEOベースのプロジェクトには500GASがコストとして必要であり、詐欺師が初期コストを抑えることができるERC20より優れているとの内容が話題になったことも、一つの価格上昇要因となりました。

このようにNEOとGASそれぞれに明確なユースケースと今後の期待感が価格に反映されました。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

日本時間6日13時以降に発動される、米国の追加関税措置と中国の報復関税措置を警戒して、引き続き世界同時株安に。

年初来安値を更新し続けているマザーズ指数が-3.74%と大暴落。1,000の節目を割り込むなど、下落に歯止めが掛からない状況です。

これに伴い、仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も全面安。

2日前まで逆行高を見せていたマネックスグループ(8698)も、堰を切ったように売られて6.01%安となったほか、メタップス(6172)が7.81%安。GMOグループ(9449)が7.02%安と、先日まで高騰していた銘柄がいずれも大幅下落を余儀なくされました。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。
&from=in_article

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用