ビットコイン月間最高値更新、韓国市場復活で関連アルトコインも際立つ急騰|仮想通貨市況

仮想通貨市場
BTC価格が月初来高値更新。韓国のBithumbなどで世界最大級の出来高を伴って仮想通貨の価格乖離が発生、韓国市場が世界のアルトコイン価格を牽引する場面も見られ、昨年末の市場規模急拡大を彷彿とさせている。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨市場

17日のビットコインの価格は、76万円を突破。2日間で+10%弱、本日16時時点でも前日比+5.5%を維持するなど2日続伸。

76万円の値をつけたのは約1ヶ月ぶりとなり、7月の最高値更新となりました。

パラボリックでは、7月16日に大きな陽線が付いたことで再び買い転換となり、上昇トレンド入りとなった他、トレンドの流れはアルトコイン市場にも波及して全面高、時価総額50位以内の通貨でも5通貨が10%を超えるなど、地合いの良い相場となっています。

相場を後押しした理由として、ビットコイン価格高騰を促した2つの要因と仮想通貨市場のトレンド変化でも紹介したように、金曜から続く米国のプラスに働く動きが、続落傾向の状況を緩和。

さらに、米SECとFINRAがCoinbaseの三社への買収を認定、連邦で初の公認仮想通貨取引所と認定されたことで、有価証券の流動性の減少といった懸念材料に光が差し始めたことも、本日の上昇を後押ししました。

また、特に海外の価格分析記事を中心に、価格上昇要因として挙って大きく取り上げられていた材料は、世界最大の資産運用会社であるBlackRock (NYSE:BLK)の市場参入検討の報道です。

CEOであるLarry Fink氏は、顧客からの需要は大きくないと発言するなど、報道内容に疑問点が残るものの、調査チームを結成は認めており、巨大投資運用会社の動きは、未だ市場規模の拡大が前提とされる仮想通貨市場にとって特大ニュースとなりました。

韓国が世界のアルトコイン価格を牽引

また、仮想通貨の価格乖離が、韓国市場のBithumbと世界の仮想通貨市場とで起きており、韓国プレミアムの現状が顕著になり始めています。

2017年年末に向けて市場が急速に加速した、当時のアルトコイン価格を牽引していた理由の1つは韓国市場であり、ビットコインよりボラティリティの高いアルトコインの取引高が韓国内で急増、世界の価格より大幅に高い水準の価格を維持し、韓国プレミア価格を作り出しました。

2018年年初から続落する相場を受け、取引高の減少が顕著になり、プレミア価格も落ち着きを取り戻しましたが、取引所Bithumbでは、再度ビットコイン取引ペアの何倍もの取引量が、アルトコインペアの取引に集中、価格乖離している状況に戻りつつあります。

価格乖離に伴い、coinmarketcapのような時価総額サイトでは、一部韓国データが外されている現状であるため、韓国の取引高がどれほど上がっているかがわかりにくい状況にありますが、データこそランキングに反映されていないものの、coinmarketcapにて取引所の取引高ランキングで1位のBinanceを上回る取引高を記録、世界一位に返り咲いています。

出典:coinmarketcap

出典:coinmarketcap

このような状況の中、特に注目点は、価格乖離の状況と、同取引所での人気通貨です。

出典:coinmarketcap

ここ1週間で高騰相場が続いたTenXは、本日同取引所にて1位の取引高を記録、価格は通常の取引所が145.7円で取引されている中、約900円と6倍強の価格で取引されています。

また取引高2位のPower Ledger(POWR)は、通常21.04円に対し、261円で取引され、3位Gift(GTO)は、通常21円に対し、73円で取引されています。

このように韓国プレミアが顕著、かつ取引高が高い水準で維持されている通貨は、世界の取引価格にも影響しており、これら該当通貨は10%以上の前日比を記録しています。

韓国価格が世界の相場をけん引する様子は、2017年の冒頭相場を彷彿とさせるものがあり、このような観点からも、上昇トレンドへの移行が期待される状況となっているといえるでしょう。

なお、各通貨のプレミア比率が大きく異なる点、他国とのアービトラージで価格乖離が縮まらない点まど不明点も多く、CoinPost編集部でも状況の解明、世界の市場形成の裏側を探るための取材、調査を行なっています。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、決算でブロックチェーン事業への本格参入を発表した、日本最大級のキュレーションメディアで有名なグノシー(6047)が、172円(9.97%)高の1,898円と大幅続伸。2営業日で500円近くの上昇を見せており、今後の動きに注目です。

そのほか、世界最大手の資産運用会社である「ブラックロック」が仮想通貨市場への参入を検討しているとFinancial Newsが報じたことで、仮想通貨市場が全面高になるなど反騰。これを背景に、認可待ちのマネックスグループ(8698)が買われて2.87%高に。

さらに、SBIバーチャルカレンシーズが一般口座受付を開始した事で、まもなく本稼働との期待感からSBIホールディングス(8473)が3.09%高となりました。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【7/19更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。
仮想通貨取引所『SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)』最新情報まとめ|大きく期待できる5つの理由
「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」仮想通貨交換サービス(VCTRADE)が8月から本稼働開始。テレビCMの実施予定、取引所モデルの板取引開始、イーサリアム(ETH)の取り扱い開始など、最新情報をまとめています。【8/1更新】

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用