シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と「インフォテリア」が事業提携

インフォテリア株式会社と、シンガポールでブロックチェーン事業を展開するスタートアップ企業 Zilliqaは、パブリックブロックチェーンに関する事業提携を行うことを発表した。

この事業提携で、Zilliqa社が開発した次世代型高速ブロックチェーンZilliqaがASTERIAを介して企業内システムから容易に活用できるようになり、幅広い業界におけるブロックチェーンを使った非中央集権型アプリケーション(DApps)の導入を促進するとのこと。

インフォテリアは、「Sharding」という技術によって高い性能と拡張性を発揮することに成功したパブリックブロックチェーンZilliqaを活用することで、様々なビジネスシーンにおいてパブリックブロックチェーンの導入を図ることができると考えている。

シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と「インフォテリア」が事業提携

CoinPostの関連記事

仮想通貨 Zilliqa(ZIL)とは|今後の将来性について
仮想通貨Zilliqa(ZIL)とは何か、その特徴と将来性などの解説記事です。取り扱い取引所やプロジェクトの詳細まで幅広い情報を掲載しています。
インフォテリア社、株主総会にてブロックチェーンを用いた議決権投票実験実施へ
インフォテリア株式会社は、今週6月23日行われる同社の株主総会における議決権投票を実証実験としてブロックチェーンを用いて行う事を公表しました。 同社の株式保有数に応じて、議案ごとに議決権の権利を持つデジタルトークンを配布し、投票、集計を行います。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加