ビットコイン価格暴落|下落時にBitMEXのサーバーがダウン

ビットコイン価格が7,000ドル(約77.8万円)を割る
ビットコイン価格が8/4の23時ごろ大きく下落しました。また、BTC価格急落のタイミングで、レバレッジ100倍可能な世界最大手仮想通貨取引所BitMEXのサーバーがダウンしたことも話題になっています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコイン価格暴落

出典元:TradingView

ビットコイン価格が8/4の23時ごろ急落しました。

前日には7,500ドル(約83.4万円)を突破していたところから、7/17日以来の7,000ドル(約77.8万円)ラインを下回るまでの大きな下落となっています。

8/3の22時ごろには、NY証券取引所の親会社が新たな仮想通貨に特化した新規事業を発表し、スターバックスやマイクロソフトも参画していることで大きく話題になりました。

しかし今回の急落で、この情報が開示される前よりもビットコイン価格が下になったことになります。

先日の発表では、米国の投資企業BKCMの創立者兼CEO Brian Kelly氏も、大きな期待を示していました。

価格急落タイミングでBitmexのサーバーがダウン

ビットコイン価格が急落する中、レバレッジ100倍で取引が可能な世界最大手取引所BitMEXのサーバーがダウンしたことで、大勢の投資家がBitMEXを批判しました。

その後、0時半ごろにサーバーは復旧しました。

しかし、暴落タイミングのサーバーダウンにより、大きな損失が出た投資家も存在しています。

CoinPost関連記事:

【超速報】NY証券取引所の親会社が新たな仮想通貨に特化した新規事業を発表|スターバックスやマイクロソフトも参画
akktは、マイクロソフトクラウドシステムを利用し、仮想通貨における法的規制に則ったグローバルなエコシステムである。同社は、マイクロソフトやスターバックスといった大手企業と連携し、個人投資家や機関投資家に対し、仮想通貨の売買や保有、決済を可能とするプラットフォームを提供する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用