ゴールドマンサックス:ビットコイン価格はまだ下がるだろう

ビットコイン価格はまだ下がる
ゴールドマン・サックス社の投資分析家チームは、仮想通貨は通貨としての役割を果たせておらず、今後も価格は下落するのではないかと予測している。さらに、仮想通貨はその価値以上の過剰な注目を浴びていると厳しい指摘も。

ゴールドマン・サックス、弱気相場を呼び寄せる

大手投資銀行ゴールドマン・サックス(以下、GS社)は仮想通貨トレーディングデスクの設立を予定しているにも関わらず、ビットコインの価格上昇を呼び寄せているわけではないようです。

GS社が発表する、経済見通しに関する報告書で、GS社の投資分析家は、昨年の12月からすでにビットコイン価格は12,000ドル(約133万円)ほど下落しているが、この下落基調はまだ続きそうであると予測しています。

出典:CoinMarketCap

Sharmin Mossavar-Rahmani氏(以下、Mossavar-Rahmani氏)が率いるチームは、報告書で以下のように述べています。

「我々は、仮想通貨は通貨の伝統的な役割:価値の交換手段、価値のものさし、価値の保存、を十分に果たせていないと考えており、これを踏まえると、今後、価格はさらに下落すると予想できる。

さらに、同チームは、今年の一月にも、「長期的に見ても、仮想通貨の価格が最高値まで戻ることはできない」と予想していました。

また、ビットコインはその価値以上の過剰な注目を浴びており、もし仮想通貨市場がクラッシュしても他の金融資産に影響はないと考えているようです。

「さらに、我々は、仮想通貨価格の下落が、他の金融資産に負の影響を及ぼすことはまずないと考えている。

なぜなら、2018年半ば、仮想通貨は世界全体のGDPのたった0.3%ほどにしか値しないからだ。

我々は、仮想通貨はそれが値する価値以上の注目を、メディアから浴びてしまっていると考えている。」

このGS社の見解は、ウォールストリートにある他企業に共通しているものではありません。

世界最大級の証券取引所インターコンチネンタル取引所(Intercontinental Exchange)は、ビットコインを主要な金融資産に押し上げることを目的とする会社を新しく設立することを計画していると報じられています。

CoinPostの関連記事

ゴールドマン・サックスが12年ぶりに新CEOの誕生へ|仮想通貨事業に好意的な発言も
ゴールドマン・サックスを牽引してきたLloyd Blankfein氏が12年の役目に幕を降ろす。後任のDavid Solomon氏は、仮想通貨に肯定的で、優れた経営手腕を発揮してきただけなく、プライベートではDJ「D-Sol」として活躍する異色の存在として知られる。
米VC:ゴールドマンサックス以外の金融機関も仮想通貨トレーディングデスクを開設すると予測
Blockchain Capital Partnerのスペンサー・ボガート氏は、GS社以外の金融機関も仮想通貨トレーディングデスクを設立するだろうと予測しています。また同氏は1BTC:5万ドル(約545万円)となる可能性があるとみています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加