Lisk Core 1.0.0.の品質保証チェックが完了|二つ目のRC版が明日公開予定

Lisk Core 1.0 RC版が日本時間9日夕方頃テストネットにリリース予定
Lisk Coreの二つ目のリリース候補版が5932033ブロックに到達次第、テストネットに公開される予定。

時価総額27位の仮想通貨Lisk(LSK)の開発に携わるlightcurveが公式ブログを更新し、Lisk Core 1.0.0.のリリース候補版の品質保証が完了し、テストネットで公開される準備ができた事を報告しました。

リリース候補版は今回2回目となる予定で、開発関係者が2週間半かけて入念に準備がされてきました。

Liskブログによると、順調に行けば日本時間の明日午後8時頃にリリースされる予定との事です。

Lisk Core 1.0.0.はLiskブロックチェーンのブロック数が5,932,033に到達次第リリースされる予定で、正確なブロック数はこちらから確認できます。

本稿執筆時点(8日午後7時頃)でブロック数は5923600前後で残り約7400ブロックでテストネットに公開されます。

参考記事:Lisk公式ブログ

CoinPostの関連記事

仮想通貨リスク「Lisk Core 1.0.0」テストネット公開|変更点まとめ
仮想通貨リスク(LSK)の開発チームは28日、公式ブログにて「Lisk Core1.0.0」バージョンをテストネット・ネットワークにて公開したことを明らかにした。公式ブログでは、今回のLisk Core1.0.0バージョンでの変更点や、Core1.1.0の詳細が記述されている。
Liskオフィス訪問レポート:Core1.0実装日やロードマップ変更日について
時価総額ランキング上位の仮想通貨であるLisk。その開発チームが拠点を置いているドイツ、ベルリンのオフィスを訪問しました。Lisk Core 1.0の進捗状況をLisk財団のCEO、Max Kordek氏に伺いました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら