韓国第2位のメガバンクと大手通信事業者KTが提携:ブロックチェーンを使用したデジタル商品券の開発へ

デジタル版商品券
韓国第2位のメガバンク(新韓銀行)と大手通信事業者のKTが業務提携、地方自治体に導入されるデジタル商品券を収益化するため、ブロックチェーンプラットフォーム開発を発表。ブロックチェーン技術を金融部門に拡大する絶好機とした。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

デジタル版商品券

Korea Timesによると、韓国の大手銀行である新韓銀行は、大手通信事業者のKTと業務提携を行い、共同でブロックチェーン基盤のソリューションの構築を目指していると今週水曜日に発表しました。

新しいプラットフォームは、地方自治体で導入される「デジタル版商品券」を収益化することを目的としています。

この商品券は一部の地域で現金と同様に扱うことができます。

地方自治体は、地域の経済を活性化させるため、デジタル商品券を導入する意志を2018年のはじめに露わにしています。

KTは、ブロックチェーンプラットフォームとネットワークシステムの開発を担当し、新韓銀行はそのプラットフォームと統合する支払いや口座システムのような金融ソリューションの構築を担当します。

新韓銀行のデジタル戦略部署のリーダーJang Hyeon-ki氏:

新韓銀行のKTとの戦略的提携は、金融と情報通信技術の統合を達成するための試みの一部である。

ブロックチェーン技術は、顧客の金融活動を次の段階へと向上させるだろう。

新韓銀行

ソウルに拠点を置く新韓銀行は、新韓フィナンシャルグループの子会社ですが、1897年に漢城銀行として創立し、韓国で最も歴史のある銀行です。

また、ブロックチェーン技術の潜在的可能性を認知し、実際に活用を試みた最初の韓国の銀行でもあります。

同銀行は、デジタル戦略部門の下に、ブロックチェーンに注力するため、リサーチセンターを創設しました。

昨年、ビットコインウォレットと保管システムの開発を開始し、今年2月には、リップル社と共にブロックチェーンテストを実行しました。

さらに、ブロックチェーン技術を活用し金融業に関係する認証システムを開発しています。

KT社

韓国の大手通信サービス事業者のKTは、ブロックチェーン技術に関心を寄せており、先月、世界初のブロックチェーン基盤の商用ネットワークを開発しました。

KTのプラットフォームサービスのディレクターKim Hak-joon氏は業務提携に関し、次のように述べています。

新韓銀行との業務提携は、KTのブロックチェーン技術を金融業界に参入させる大きなチャンスになり得る。

韓国内のブロックチェーン産業に貢献するためにも、全力で取り組んでいくつもりだ。

CoinPostの関連記事

韓国ブロックチェーン協会:ブロックチェーン産業で『クリプト・バレー』を
韓国大手新聞「Korea JoongAng Daily(韓国中央日報)」によると、元政治家や大学教授が立ち上げた...
カナダの銀行:仮想通貨デジタル金庫「VersaVault」を提供へ
デジタルアセットセキュリティーに注力している「VersaBank」は、6月までに利用可能な「仮想通貨のデジタル金庫」サービスを提供予定。銀行側は金庫の中身にアクセスできず、顧客のプライバシーは保証されます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加