GMOコインが販売所から取引所サービス拡大へ|仮想通貨投資家に有益な取引所となるか

GMOコインが今月中旬に8月15日に取引所サービス開始を検討
コインテレグラフ日本版が報じたところによると、本日8月9日に行われた決算説明会で、GMOグループの熊谷代表はGMOコインでの取引所サービスを今月8月15日にも開始する事を計画している事を表明。その他、同説明会でビットコインETFへの期待感などの熊谷代表の私見も語れた。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

GMOコイン、8月15日に取引所サービス開始を計画

コインテレグラフ日本語版が報じたところによると、8月9日に開かれたGMOインターネットの2018年12月期中間決算説明会にて、熊谷正寿グループ代表がGMOコインで取引所サービスを今月8月15日に開始する予定である事を明らかにした。

現在、GMOコインは販売所形式での交換事業を行なっているいるが取引所サービスはまだ展開していない。

取り扱い予定通貨は定かでありませんが、現在GMOコインでの取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)

出典:GMOインターネット株式会社 第2四半期 決算説明会 資料

また、今回の決算説明会資料によると、事業開始1年で仮想通貨事業の売上26億円となり、同決算説明会で熊谷代表は「ネット金融事業の3分の1、ネットインフラ事業の10分の1の規模にまでなってきている」と語っている。

出典:GMOインターネット株式会社 第2四半期 決算説明会 資料

GMOコインの仮想通貨口座数17万件に達し、GMOクリック証券のFX口座数の約4分の1の規模にもなっているようだ。

ビットコインETFへの期待

出典:GMOインターネット株式会社 第2四半期 決算説明会 資料

さらに、同説明会で熊谷代表は仮想通貨マイニング事業でウォレット数の増加が再加速している事について、ビットコインETFへの期待感が背景にある事を指摘。

ゴールド(金)のETFが登場し、金価格が高騰した事を引き合いに、ビットコインETFが認可されれれば「大きく価格は動く」との見解を示したようだ。

公式HP 公式HPはこちら
会社名 GMOコイン株式会社
現物取引手数料 ビットコイン:販売所形式(スプレッド狭:価格安め)
他通貨:販売所形式(スプレッド狭:価格安め)
  • FX最大手のGMOグループの取引所
  • アプリで簡単ビットコインFX
  • 販売所形式の中では安く通貨を買いやすい

現在の取り扱い通貨

  1. ビットコイン BTC
  2. イーサリアム ETH
  3. リップル XRP
  4. ライトコイン LTC
  5. ビットコインキャッシュ BCH
▶️GMOコインの登録はこちら ▶️GMOコインの口座開設方法はこちら

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加