【速報】XRP (リップル):500万人ものユーザーを持つ仮想通貨決済プラットフォームにローンチ

500万人もの人が従来の法定通貨決済ではなく、XRPを使用し決済することが可能。

フィリピンの仮想通貨ニュースサイトであるBitPinasによると、仮想通貨決済プラットフォームであるcoins.ph ですでに利用出来るようになった模様だ。

このサイト上で、フィリピンのユーザーは仮想通貨で直接決済が出来る。

2014年にこのサイトは設立され、現在500万人のユーザーを抱えており、2020年には2000万人に上昇する見込みとのこと。

Ripple’s XRP Launches on Crypto Payment Platform With 5 Million Users

CoinPostの関連記事

スマホウォレットのGincoがリップル(XRP)に対応|近日中にXRPエアードロップ予定
日本発仮想通貨ウォレットGincoがリップル(XRP)に対応しました。今回のXRP追加により、対応通貨数は15種類となりました。また、近日中にXRPによるAirdrop(エアードロップ)が予定されています。
リップル社が第2四半期公式レポート公開|XRPの売却量や仮想通貨マーケットコメンタリーなど掲載
米リップル社は、第2四半期に7553万ドル(約83億円)相当のXRPを売却した。その内、約18億5570万円はMSB(マネーサービスビジネス)の登録およびライセンスを得ており、リップル社の子会社であるXRP II, LLCが直接売却し、残りの約62.3億円はプログラム売却されている。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用