CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン17000ドル台に反発、アルト相場は前日比7.7%高のイーサリアムが主導

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

29日の米NY株式市場では、ダウは前日比28ドル(0.1%)安で取引を終えた。

前日まで、新型コロナウイルスの感染者数急拡大に伴う中国主要都市で、厳しい行動規制を強制する「ゼロコロナ政策」に反発する大規模デモが発生。政情不安や景気悪化懸念が強まっていたが、中国政府が規制案の部分緩和を示唆したことで懸念が和らいだ。

11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、多くの参加者が利上げペースの縮小を支持していたが、パウエルFRB(米連邦準備制度)議長の講演を控え、タカ派発言への警戒感も根強い。

関連:30日朝の金融市場短観|中国のコロナデモが沈静化へ

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比4.5%高の16,977ドル。

BTC/USD日足

相場の悲観が強まる中、上値抵抗線として頭を押さえつけていたトレンドラインを上回った。このまま戻り基調を辿った場合、一目均衡表の雲のねじれに向かう可能性も考えられる。

時価総額2位のイーサリアム(ETH)が前日比7.7%高となったほか、7位のXRPが5.1%高、11位のポルカドット(DOT)が5.9%高となった。

メジャーアルト騰落率:Messari

Nebraskangooner氏は、ETHの価格推移でトレンドラインと日足EMA(指数平滑移動平均線)のブレイクを指摘した。

なお、自律型ボット「Real Vision Bot」の最新のポートフォリオでは、イーサリアムが首位をキープした。

Real Vision Bot

第2位には、ETHのスケーリングソリューションとして設計されたポリゴン(MATIC)が、以下、ビットコイン(BTC)、ステーブルコインUSD Coin(USDC)、アバランチ(AVAX)、コスモス(ATOM)、ポルカドット(DOT)と続く。

アラメダショックおよびFTX破綻を経て、投資家の銘柄選定が安定志向に回帰しつつあることを示唆している。

Real Vision Botは、金融コンテンツプラットフォームReal Visionから専門家のシグナルを集合知として収集した上、週2回のトレーダーの感情調査(群集心理)を加味して運用するものだ。クオンツアナリストのMoritz Seibert氏と、統計学者でヘッジファンドを運用するMortiz Seibert CEOによって共同開発された。

最新の人工知能を利用した「The Netflix of Finance」(Real Vision) に関する金融市場の専門家へのインタビューから、分析および学習する研究プロジェクトとしてスタートした。

Global Macro InvestorのRaoul Pal CEO率いるリサーチ企業Real Visionによると、「Real Vision Bot」の投資実績は、今年3月時点で暗号資産(仮想通貨)TOP20指数に対して20%以上アウトパフォームした。

オンチェーンデータ分析

データ分析企業Glassnodeは、28日掲載の週次レポートで、FTXグループの破綻は、ビットコインの歴史上最大級の”降伏イベント”を引き起こしたと主張。

負の連鎖によるボラティリティ(価格変動性)を消化しきり、相場回復には時間を要する可能性が高いと慎重な見立てを示す一方、2018年の(バブル崩壊後)弱気相場の大底と比較して、いくつかの類似点があることを指摘した。

例えば、総時価総額における市場規模に対する”含み損の規模”を定量化した週平均の「相対未実現損失」は、節目となる50%を上回り56%に達した。これは2018年〜2019年の71%に次ぐ水準となる。

glassnode

また、投資家の平均利益/損失を評価するために用いられる「調整済・実現価値(MVRV)」比率は、0.63まで低下した。

(市場時価総額:MV-実現時価総額:RV)/MVを用いる指標で、プラス圏は「オーバーバリュー(割高圏)」を。1.0以下のマイナス圏は「アンダーバリュー(割安圏)」を示すものだ。

これらのデータは、投資家の損失平均を大幅に上回る統計的偏差であり、ビットコイン保有者の未実現損失(含み損)は、2015年と2018年の弱気相場の大底圏に匹敵する過去最低水準まで落ち込んでいる。

オンチェーンアナリストのWilly Woo(@woonomic)氏も同様の見解を示す。

同氏はBTC価格の下値は「Max Pain モデル」の下限に近づきつつあると主張。歴史的には、BTCの58〜61%がオレンジ色の含み損ゾーンに達した場合、マクロサイクルの底値圏にあると分析できるとした。

緑色のゾーンは、グレイスケールの投資信託「ビットコイントラスト(GBTC)」保有分を示すという。

関連:グレースケール投信GBTC、関連会社の流動性危機の影響は?

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧