CoinPostで今最も読まれています

パウエル講演後に米株指数リスクオン、MONAやXYMは思惑先行の急騰

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

11月30日の米NY株式市場では、ダウは前日比737ドル(2.1%)高。ハイテク株中心のナスダック指数は4.4%高で取引を終えた。

関連:1日朝の金融市場短観|NYダウ・仮想通貨全面高

FRB(米連邦準備制度)のパウエル議長は11月30日、米ワシントンのブルッキングス研究所で講演した。

「高止まりする物価高(インフレ率)の鈍化を示す根拠が明確でない」とし、「金融政策の効果が実体経済や物価に影響するのはタイムラグがある」と主張。当面の利上げ継続の必要性を訴え、市場を牽制した。

その一方、早ければ12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ減速を示唆するなど、パウエル議長のレトリックは軟化の兆しを見せている。事前に警戒されていた金融引き締めに関するタカ派発言も織り込み済みであったことから、リスク資産の大幅上昇につながった。

FOMCでは、過去4会合連続で政策金利を異例の水準となる75bpずつ引き上げてきた。金利先物市場の示すCME FedWatch Toolによれば、50bp予想が前日までの66.3%から75.8%まで上昇している。

CME FedWatch Tool

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比0.95%高の17,126ドル。

BTC/USD日足

FTXショックの余波によるセンチメント毀損もあり、米株指数の反発とはあまり連動せず反応は限定的だった。暗号資産関連企業の連鎖的な破綻リスクなど懸念が燻る。

そのような状況にある中、暗号資産運用会社QCP Digitalが最新の市況分析レポートを公開。

FTXの破産申請後、市場の懸念がビットコイン投資信託「GBTC」を運用するグレースケールの親会社Digital Currency Group(DCG)の財務状況に移ったのは当然だと指摘。

その上で、DCGがこの危機を乗り越えグループを存続させることができる根拠について解説した。

DCGに懸念が及ぶ背景には、10億ドルの緊急融資を求める子会社のジェネシス・グローバル・キャピタルおよびジェネシス・グローバル・トレーディングの破綻リスクが生じている点にある。ブルームバーグが報じたところによれば、DGCはThree Arrows Capital(3AC)破綻の影響で、ジェネシスに対して5億7500万ドルの負債を引き受けた。

ただしQCP Digitalは、DCGの流動性資産の多くは、アラメダの貸借対照表に記載されていた大量のシットコインではなく、「GBTCなどの価値のある非流動資産にとどまっている」と指摘。関連会社のトークンで人為的にバランスシートを膨らませたり、再担保を繰り返すような運用上の過剰リスクは低いとした。

信頼性の側面では、保有資産残高を検証した米国規制対象のエンティティであるコインベースカストディが厳格に管理している点を挙げた。オンチェーンのフォレンジック企業OXT Researchの調査によれば、GBTC関連のウォレットには推定634,639BTCが保有されている。

関連:グレースケール投信GBTC、関連会社の流動性危機の影響は?

総括としてQCP Digitalは、すでに恐怖心理に満ちた市場ではこれ以上の大規模なショックは起こらないとの見方を示しつつ、現状だと大手マイナーなど多くのエンティティが流動性を高めるための資産売却を余儀なくされており、デフレ局面は2023年まで続く公算が高いとした。

また、FTXの破綻に関する米国下院金融サービス委員会の公聴会も、(規制強化の流れを生む)潜在リスクの1つとして挙げている。

オンチェーン分析

オンチェーン分析会社Santimentによると、クジラ(大口投資家)がビットコインの蓄積を再び試みはじめた可能性がある。

100〜10,000BTCを大量保有するウォレット群(コホート)は、過去13ヶ月に渡る下落トレンドで保有資産を売り抜けたが、FTXおよびアラメダ・リサーチ破綻後の相場の急落局面では一転。わずか5日間で47,888BTCを買い増した。

同コホートはFTXグループの崩壊リスクが高まった11月頭の3週間で全供給量の約1.36%に及ぶ量を売り抜き、その後の安値で0.24%を買い戻したことが示された。

アルトコイン相場

個別銘柄では、シンボル(XYM)やモナコイン(MONA)が急騰した。

最大手取引所バイナンスの日本進出発表において、認可登録のため買収された国内取引所サクラエクスチェンジの取り扱い銘柄にXYMやMONAが含まれていたことで、本家バイナンスにも上場するとの思惑が台頭した。

思惑先行で乱高下しており、疑問を呈するなど慎重な見立ても少なくない。

関連:バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを買収

そのほか、エイプコイン(APE)が前週比19.2%高に。

ホルダーで構成されるコミュニティ主導のApeCoin DAO(自律分散型組織)は24日、APE開発のYuga Labsエコシステムから公式NFTマーケットプレイスをローンチした。システムを開発したスタートアップ企業Snag SolutionsのCEOが明かした。

高級PFP(profile picture)の代表格Bored Ape Yacht Club(BAYC)をはじめ、Mutant Ape Yacht Club(MAYC)、Bored Ape Kennel Clubのほか、メタバース(仮想空間)の土地Otherdeed NFTを取り扱う。

また、ブロックチェーンインフラ企業Horizen Labsは23日、APEのステーキング報酬機能の導入を発表。

これに伴い、最大手NFTマーケットプレイスOpenSeaなどでBored Apes と Mutant ApesのNFTフロアプライスが一時前週比30%以上上昇した。

ステーキング公式サイト「ApeStake」は12月5日にローンチ予定。ただし、規制上の問題から米国やカナダなどジオブロック(地域制限)の対象国もあり、DeFi(分散型金融)上のインターフェースなど代替案も検討されている。

関連:エイプコイン(APE)、待望のステーキング機能リリースへ

関連:初心者でもわかる「エイプコイン(APE)」とは|特徴や将来性を解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア