仮想通貨OmiseGO (OMG):保有するべき3つの理由

仮想通貨市場全体が暴落し、ERC-20トークンであるOmiseGoは過去7日間で-12%を記録。

さらに、過去30日間で-30%、90日間で-66%下落した。

この急激な下落でもOmiseGoをホールドすべき大きな3つの理由があると、investinblockchain.comは述べている。

1、ウォレットとDEX

モバイル向けE-Wallet SDKをリリース予定であること。これにより開発者が各ニーズに合わせ、独自のウォレットを作ることが可能になる。

さらに、OmiseGoは2018年のQ4に分散型取引所(DEX)をローンチ予定。

2、重要なパートナーシップ

Omiseチームは、タイのマクドナルド240店以上と提携し、決済ソリューションを提供している。

さらに、東南アジアで電子決済を提供しているTruemoneyやタイの3大決済サービス会社であるPayBuyとパートナーシップを提携している。

経験豊富なアドバイザーで構成されているチーム

  • CEO/共同設立者、長谷川潤氏
  • COO/共同設立者、Donnie Harinsut氏
  • 常務取締役、Vansa Chatikavanij氏

注目するべきアドバイザー

  • Joseph Poon氏:Bitcoin Lightning Networkのホワイトペーパーを書いた開発者
  • Vitalik Buterin氏:イーサリアム創設者
  • Roger Ver氏:Bitcoin.comのCEO

仮想通貨市場は依然として弱気相場を継続しているが、OmiseGoは上記の理由から明るい未来があると予想されるという。

参考記事:3 Great Reasons To Keep HODLing OMG

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

オミセゴー(OmiseGo/OMG) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
オミセゴー(OmiseGo/OMG)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、オミセゴー(OmiseGo/OMG)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
東南アジアで活躍するOmiseがタイ政府機関ETDAとMOUを締結
話題の仮想通貨「OmiseGO」を発行する「Omise Holdings」の親会社である、タイのフィンテック企業「Omise」と、タイの政府機関「ETDA」が提携し、タイ国内に全国的な「eKYC」ポータルを作成予定です。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら