人気雑誌プレイボーイの親会社、仮想通貨企業を契約違反で訴える

Playboy Enterprises社は、決済のためにデジタル通貨ウォレットを作れなかったことを理由に、仮想通貨企業Global Blockchain Technologiesに対して訴訟を起こした。

LA Times誌によると、人気雑誌プレイボーイの親会社であるPlayboy Enterprisesは、米国ロサンゼルス高等裁判所でGlobal Blockchain Technologies(GBT)に対し訴訟を提起。

報告によると、賠償だけでなく、詐欺や契約違反を行ったのがGBTと主張。懲罰的損害賠償を求めている。

プレイボーイ側は、GBTがプレイボーイメディアチャンネルにブロックチェーン技術を統合することに合意しなかったと主張している。

GNBは「よくある紛争だ」と述べ、「グローバル社は強い理由がありこの行動に至った」と付け加えた。

GNBは、デジタル・ウォレットを作成しなかっただけではなく、契約の一部であった約4億円をプレイボーイ社に払っていないとしている。

参考記事:PLAYBOY SUING CRYPTOCURRENCY COMPANY OVER BREACH OF CONTRACT

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米CA州裁判所が、リップル社に対する訴訟の差し戻し申請を却下
8月12日、米国カリフォルニア州にある「北部地区裁判所」は、XRP投資家Ryan Coffey氏が5月3日に提起した差戻し申請を却下する命令を下したことがわかった。
中国投資家:ビットコインキャッシュ配布を巡りOkcoinを訴訟
中国の投資家が仮想通貨取引所のOKcoinが38.748BCH(ビットコインキャッシュ)の受け取りを可能にしなかった事を受け、訴訟を起こしている。OKcoinは昨年8月1日にBCHがハードフォークした日にはビットコイン保有者に対して同じ所有権を与えるとしましたが、12月に原告のFeng氏はBCHを引き出そうとした所、できなかったとのこと。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加