仮想通貨窃盗被害で、米最大手電話会社AT&Tに数十億ドルの訴訟

アメリカに拠点を置く仮想通貨投資家であり、起業家のMichael Terpin氏は、同社の過失によりデジタル資産窃盗の被害を受けたと主張。 69ページに及ぶ告訴状をロサンゼルスの連邦地方裁判所に提出した。

SIMカードのユーザーデータはGSM携帯に保存されるが、告訴状では、そのデータを利用することによってSIMカードを使わずにアカウントにアクセスする手法を使った窃盗被害にあったと主張。

ロイター通信によると、AT&T社はそれに対し

「その申し立てには異議があり、法廷で我々の立場を説明できることを心待ちにしている。」

とメールで回答した。

参考記事:US Investor Files Lawsuit Against AT&T Over Cryptocurrency Theft

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米CA州裁判所が、リップル社に対する訴訟の差し戻し申請を却下
8月12日、米国カリフォルニア州にある「北部地区裁判所」は、XRP投資家Ryan Coffey氏が5月3日に提起した差戻し申請を却下する命令を下したことがわかった。
証券関連訴訟の実績を持つアメリカの法律事務所が、リップル社とXRPの調査に乗り出す
ローゼン法律事務所はXRPトークンの売買に関して、リップル社が連邦証券法を違反していると見て、リップル社とXRPの調査に乗り出しているとプレスリリースにて発表。リップル社のXRP売買による投資家の損失を取り戻すため集団訴訟を準備している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加