タイ:7つの仮想通貨企業のみ合法的に運営を許可

タイ証券取引委員会(SEC)は、タイ国内で合法的に業務を行うことが認可されている7つの仮想通貨企業名を発表。

そのうち5つは仮想通貨取引所であり、残り2つは仮想通貨ディーラーとのこと。

それは規制当局によって申請が審査されている間までの認可で、一時的に承認している。

認可されている取引所

  • Bitcoin(BX)
  • Bitkub Online(BK)
  • Cash2coins(Cash2coins)
  • Satang Corporation(Tdax)
  • Coin Asset

認可されているディーラー

  • Coins TH Co. Ltd.
  • Digital Coin Limited(Thai WM)

この7つの仮想通貨企業が認可されている背景には、規制される5月14日以前にタイ国内で運営していたため、一時的に認可されたようだ。

さらに、規制以前運営していたと主張している企業が2社が承認検討されている模様。

その2社を含めた9つの企業以外は、仮想通貨事業を行う前に、財務省とSECの承認を得る必要がある。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

タイ:新しいICOライセンスに20もの仮想通貨取引所が興味を示す
木曜日、大手新聞紙「バンコック・ポスト」が出版した内容によると、タイの証券取引所(SEC)の事務局長が、20もの仮想通貨取引所は、認可された取引所となるために公式申請を提出したと明かした。タイでの仮想通貨関連業務の法的規制として、ICOプロジェクトを規制するルールが先月実効となり、同局長は、およそ50ものICOプロジェクトが合法でトークン販売できるように認定を獲得しようとしていると付け加えた。
タイ:最大手映画館チェーンが仮想通貨を受け入れ
タイ最大の映画館チェーンである大手Cineplexは、映画チケットやポップコーンなど、ユーザーが仮想通貨でサービスや製品を購入出来るように、仮想通貨決済を導入するとされている。タイは最近、仮想通貨ビジネスを規制し始めた。今週、タイ証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨関連業者からライセンス申請を受け入れ始めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加