韓国仮想通貨業界:ベンチャー企業として認知されていない事業の排除計画に抗議

韓国の仮想通貨取引所とブロックチェーンスタートアップ企業は、ベンチャー企業として認知されていない産業を除外するという政府の立法案に対し抗議している。

韓国政府は既存の法改正を通し、公式のベンチャー企業分類リストから仮想通貨取引所を含むブロックチェーン産業を排除する意向を明らかにした。

この法案が承認された場合、仮想通貨企業全般はバー、ギャンブル、エンターテイメント業界と同じ立ち位置になり、ベンチャー企業ではなくなる。

この立法案に対し、韓国のブロックチェーン協会、韓国ブロックチェーン産業振興協会、韓国ブロックチェーンスタートアップ協会などを含む利益団体が、この立法案に対し懸念を表している。

問題視されるのは、仮想通貨・ブロックチェーン業界の企業はこれから「ベンチャー企業」の枠から排除されれば、税金の控除対象から外されてしまうこと。

そして、抗議する利益団体は共同声明にて以下のように指摘している。

仮に国会がこの法案に可決した場合、多くのブロックチェーン企業は様々な税金控除対象から排除されてしまい、その投資や研究などの事業を海外へ追い出すはめになる

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

整備を推し進める韓国の仮想通貨業界:「革命を通じた成長」予算を5兆ウォンに引き上げ
韓国は、ブロックチェーン技術などの教育プログラム提供や、同技術を含む先端技術への2019年度予算引き上げを発表。仮想通貨取引所に対する基準策定など、仮想通貨業界の整備を着々と進めている。
韓国第2位のメガバンクと大手通信事業者KTが提携:ブロックチェーンを使用したデジタル商品券の開発へ
韓国第2位のメガバンク(新韓銀行)と大手通信事業者のKTが業務提携、地方自治体に導入されるデジタル商品券を収益化するため、ブロックチェーンプラットフォーム開発を発表。ブロックチェーン技術を金融部門に拡大する絶好機とした。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加