仮想通貨取引所バイナンス:ヨーロッパに法定通貨建ての新取引所「Binance LCX」を設立

欧州に新取引所「Binance LCX」設立
業界最大手の取引所バイナンスは、中央ヨーロッパに位置するリヒテンシュタイン公国で、法定通貨建ての新取引所「Binance LCX」を設立すると発表した。仮想通貨を欧州で普及させるための足掛かりとなるか注目される。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

欧州に新取引所「Binance LCX」設立

業界最大手であるバイナンスは、中央ヨーロッパに位置するリヒテンシュタインの仮想通貨取引所の「LCX(Liechtenstein Cryptoassets Exchange)」と提携を発表しました。

Binanceチームが技術面をサポート提供し、法定通貨建ての仮想通貨取引所「Binance LCX」を立ち上げました。

Binance LCXは、初めにスイスフラン(CHF)とユーロ(EUR)の間で仮想通貨取引を提供し、規制当局の認可を取得した後、ペアを増やしていく予定とのことです。

リヒテンシュタイン公国は、スイスとオーストリアに囲まれた国家で、欧州経済領域(EEA)の一部として機能する理想的な場所で、ヨーロッパ市場へのアクセスが簡単になる可能性があります。

リヒテンシュタイン首相は、以下のように述べ、その意義を強調しました。

「Binance LCX」は、リヒテンシュタインの人々に歓迎されるだろう。 ブロックチェーン技術はまったく新しい業界の基礎を築いており、リヒテンシュタインにおける既存、及び将来の法的枠組みが、リヒテンシュタインの”Binance LCX”および他ブロックチェーン企業が優れたサービスを提供するための”確かな基盤”を提供すると確信している。

LCXの最高経営責任者(CEO)であるMonty CM Metzgerも、以下のように発言。期待を寄せました。

プロフェッショナルな投資家は、仮想通貨資産に投資するための「信頼できるチャネル」を必要としている。バイナンスとのジョイントベンチャーを立ち上げ、ブロックチェーン業界の新たな基準を確立することに興奮している。

同国は、トークンエコノミーの基盤となる広範囲かつ全体的な法体系を提供する、「Blockchain Act Liechtenstein」を導入することで、仮想通貨業界の立ち位置を強化する予定です。

参考記事:Binance LCX Announces Fiat-to-Crypto Exchange for Crypto Investors

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

海外大手取引所Binanceに上場条件とは?:BinanceCEOが上場に関する金額にも言及?
仮想通貨トークンを発行する企業のCEOが、Binanceに上場する条件として400BTC(約2億8000万円)を支払う必要があると発言したのに対し、BinanceのCEO、CZ氏はツイッターでこれに反論したことが話題になってる。そこで、実際にBinanceに上場するための秘訣をまとめた。
世界トップクラスの取引所Binance CEO CZ氏の日常
世界トップクラスの取引所Binance CEO CZ氏が、自身の日常を語りました。同氏は「日常という日常は無く、毎日が非日常の連続」と語り、毎日ランダムな事が起きる中、時間を節約しながらどのように動いているか、などを述べています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用