CMEのパートナー企業の英国取引所が、ビットコインキャッシュ(BCH)先物取引を開始へ

日本時間8月18日午前0時、ロンドンに本部を置く取引所CryptoFacilitiesが米ドル決済のビットコインキャッシュ(BCH)先物取引の売買を開始する事が、同社プレスリリースより判明した。

この先物取引は、英国の金融行動監視機構が認定した初めてのBCH先物取引となる。

CryptoFacilitiesは昨年12月に米国大手先物取引所CMEがビットコイン先物を提供するときのパートナーでもあり、イギリスの規制に準拠した取引所である。

同社は、すでにBTC・ETH・XRP・LTCの先物取引を取引している。

CEOを務めるTimo Schlaefer氏は、今回の発表について、以下の通り述べた。

BCHは時価総額で約100億ドルを誇るTOP5に入る通貨だ。我々は新しいコントラクトがより高い流動性と透明性を促進すると期待している。

更に、BCHのアドバイザーであるロジャー・バー氏は、

この先物はBCHが革新的かつ有用性のある通貨であることを証明する一つの事例だ。

とコメントした。

参考記事:Announcing the launch of BCH/USD Futures

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

https://coinpost.jp/?p=38531&from=in_article
https://coinpost.jp/?p=36784&from=in_article

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用