Twitter社CEO、米下院商業・エネルギー委員会にてブロックチェーンの活用に言及

ドーシーCEO「Twitterでは多くの人がブロックチェーンについて考えている」
9月5日の米下院商業・エネルギー委員会で、TwitterのドーシーCEOが将来的なブロックチェーン技術の応用可能性に言及した。ドリス・マツイ議員の質問に答えたもの。同社のブロックチェーン技術への理解や深耕は「自分の期待には不十分」としながらも「(Twitter社の)多くの人が考えている」と述べた。

Twitterのジャック・ドーシーCEOは米国時間9月5日の米下院商業・エネルギー委員会にて、ブロックチェーン活用の可能性ついて言及、同委員会のドリス・マツイ下院議員の質問に答えました。

「あなたは以前にブロックチェーンの広範な利用に関心があると述べていました。インターネット上の誤報、デマ、詐欺等に、確実な個人認証によっていかに対抗するかということも念頭にあったことと思います。ブロックチェーンは実際にどのような応用が可能だと思われますか?」

といったマツイ議員の質問に対し、ジャック・ドーシーCEOは「まずはTwitter利用者のための問題解決ということを考え、そのために利用可能なあらゆる技術を見ていきたい」と慎重に断った上で、次のように言及しました。

「私は、ブロックチェーンには特に分散した信頼や分散強化に関して、未開拓の可能性が大いにあると思っている。当社全体としてみれば、ブロックチェーンのTwitterへの応用の可能性に関する理解は、私個人の期待にはまだ十分に達していない。当社の中でも、現在多くの人が検討を行っている状況だ」

残念ながらTwitterはこれまで、仮想通貨のコミュニティが栄える一方で、仮想通貨保有者に対する詐欺的行為の温床としても問題視される状況でもあり、コピーキャットと呼ばれる模倣犯が次々に現れ、中には大規模なボットネットを使って仮想通貨の入手を企てる者もいました。

ドーシーCEOの発言がこうした状況を念頭に置き、1つの有力な選択肢としてブロックチェーンを考えていることは間違いなさそうです。

またこの委員会では、ジャック・ドーシーCEOへの質問に先立ちマツイ議員が、ブロックチェーンの定義とその合意形成に向け、米国商務省に対し、利害関係者からなる作業部会の発足を求める考えを明らかにするなど重要な一幕もありました。

CoinPostの関連記事

Twitter CEO「仮想通貨は未来の決済手段、特にビットコインがそうなって欲しい」
Twitter CEOは、仮想通貨は未来の決済手段であるとして、それはビットコインではないかもしれないが、ビットコインがそうなってほしいと述べました。また規制当局やSECはこの業界の企業等から教育を受けるべきと提言しました。
Twitter:仮想通貨関連広告を禁止
Twitter(ツイッター)が仮想通貨関連広告を禁止することを認めました。日本の仮想通貨関連広告については、日本の規制当局が認めた範囲については認められますが、それ以外は限定されるとのことです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加