米著名アナリストが『クリプト・オール・インデックス』でアルトコインの再上昇を示唆|仮想通貨市況

仮想通貨市場
米著名アナリストTom Lee氏がFundstrat社の『クリプト・オール・インデックス』を分析。データ的に逆転の兆しが高いとして、大幅下落の続くアルトコインの再上昇を示唆した。

仮想通貨市場

本日の仮想通貨市場は、昨日の暴落から30分足で雲の中に入っており、ヨコヨコの展開が続き、その後急落を見せています。

出典:Tradingview

現在、ショートポジションが積み重なっており、下目線の投資家が増加しているものと思われます。

ただし、注意点として、溜まったショートカバーによる踏み上げの可能性もあるため、慎重な取引をするべきと言えるでしょう。

出典:Tradingview

Tom Leeによる「アルトコイン調整インデックス」

米国著名仮想通貨アナリスト兼Fundstrat社の代表Tom Lee氏は、現在ビットコインを始めとした仮想通貨市場で見られる大暴落は、アルトコイン取引に好機となる可能性を示唆しました。

Lee氏は、SNSで現在の暴落を2014年に起こったトレントと比較、約87%下落したのち、2.7倍の反発を見せたと取り上げて説明しました。

まず、Lee氏はアルトコインの下落歴をチャートで分析するために、「アルトコイン調整インデックス」を作り、直近9か月間における高値から70%以上下落したアルトコインを分析しています。

その結果、下図の通り、2014年10月25日以来の最高比率96.7%へ達している事が明らかになりました。

Lee氏は、

「このFundstratの『クリプト・オール・インデックス』に準拠し、四半期ごとに調整されており、およそ700種類のアルトコインが含められていると示されている。」

と説明。

御覧の通り、最も直近である8月22日の時点では、アルトコインインデックスに過去最大の下落を記録している模様です。

2つ目のツイートでは、

「4年前の2014年には、当時349種類のトークンが取引されており、約87%の下落割合へ到達したものの、その一週間後にアルトコイン市場は反発し、7週間後には2.7倍の上昇(赤い部分で時価総額の増幅)を見せた。」

と、チャートの説明を続けました。

さらに、Lee氏は、

我々はBTCをNo.1投資通貨としているが、インデックスチャートが表すように、ここ2日間で大幅下落したアルトコイン相場にとって、データ的に逆転の兆しとなる可能性が高い。

と述べ、アルトコインの再上昇を示唆しています。

本稿執筆時点では、ビットコインとイーサリアムを除く、上位20通貨の内18のアルトコインで微反発が見られています。

出典:Binance Info

出典:Binance Info

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

米国による第3弾の対中追加関税発動など日米貿易摩擦が警戒され、日経平均株価は6日続落。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も、売り優勢で始まりましたが、日経平均が下げ幅を縮小するにつれ徐々に値を戻し、プラス転換した銘柄も散見されました。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら