CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨の爆発的な投機への関心から、実用性を追求する次なるステージへ=イーサリアム創業者

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

頭打ちになった既存戦略
9月8日に香港にて開催されたイーサリアム、ブロックチェーン会議にButerin氏が出席し「ブロックチェーン分野が頭打ちになって来ている」と主張し、今後1,000倍ほどの成長が見込めるチャンスはないと言及した。
次なる一手
次なる一手としてButerin氏は、仮想通貨分野に関心を持つ人々を「関心から実用」に転換させる術が必要だと主張し、分散型仮想通貨取引所Kyber Network CEOのLuu氏は、分散型取引所やdAppsの一般ユーザー目線での”使いやすさ”の追求が求められていると言及した。

頭打ちになった既存戦略

仮想通貨業界では、多くの楽観主義者が新しい資産クラスである仮想通貨が今後数年間で世界中に浸透すると考えている一方で、また多くの悲観主義者が仮想通貨は投機バブルが弾け、現状の仮想通貨業界が詐欺や資金洗浄などの温床となっていると主張しています。

イーサリアム創業者のVitalik Buterin氏(以下、Buterin氏)は、9月8日に香港にて開催されたイーサリアム、ブロックチェーン会議に出席し、Bloombergへの応じ、「ブロックチェーン分野が頭打ちになって来ている」と主張し、以下のように続けました。

現時点で、平均的な教養のある人は、おそらく”ブロックチェーン”という単語を少なくとも過去に一度は耳にしていることだろう。

よって、この分野のあらゆるものに対して、今後1,000倍の成長を遂げるチャンスは存在していない。

仮想通貨業界を牽引し、大きな影響力を持つButerin氏のような人による弱気な主張は、驚くべきものであると考えられるかも知れせん。

しかし、実際、ビットコインを含む、複数の仮想通貨が過去数年間において、1,000倍以上の成長を遂げており、Buterin氏が語るように、多くの人々が既に仮想通貨や、ブロックチェーンという語句を耳にしている事実を考慮すると、それらの分野が大半の普及を遂げてしまったことも否めないでしょう。

Buterin氏は、ビットコインを始めとする多くの仮想通貨および、ブロックチェーンコミュニティは、台頭してから最初の6、7年間は、マーケティングに注力し、幅広い普及を実現してきたと語る一方で、「その戦略が、頭打ちになってきている」と主張しました。

世界有数の仮想通貨取引所Coinbaseも、2017年において、1日に50,000人もの新規登録者がいた日もあったことを明らかにし、Buterin氏が、語るそのマーケティング戦略によって、仮想通貨業界は、多くの新規参入者の獲得に成功し、特に2017年末にかけて、その結果が顕著に現れたと言えるでしょう。

次なる一手

Buterin氏は、その戦略が頭打ちになったことを踏まえ、次なる戦略として「仮想通貨に既に関心を寄せる人々を対象とし、より深い普及に努めるべきだ」と主張し、「ただの関心から、実在する経済活動における実用に転換させる」ことが必要であると続けました。

多くの人々にとって、仮想通貨ウォレットを使用する分散型取引所(Decentralized Exchange)や、分散型アプリケーション(Decentralized Application, dApps)は非常に難解であるため、そのようなブロックチェーン技術を基盤としたインフラも改善する必要があると考えられています。

分散型仮想通貨取引所Kyber NetworkのCEOを務めるLoi Luu氏(以下、Luu氏)も以前にその難解さを指摘し、以下のように述べています。

(そのようなサービスでは)ユーザーインターフェース(UI)が充分でない。ユーザーは、分散型取引所よりも、BinanceやBittrexのような取引所を好む。

よって、私達は、早急にユーザーにとって使いやすいと思えるようなサービスを提供するべきなのだ。

現時点で、私達は、非中央集権的側面を追求するよりも、使いやすさの追及に注力している。

このように、Luu氏が語る技術畑外の一般ユーザー目線での”使いやすさ”の追求によって、ただの関心や、投機的な関わりだけでなく、Buterin氏が語る” 実在する経済活動における実用”への転換が着実に進行していくことが期待されています。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧