マルタ、金融資産をトークン化するため仮想通貨Waves(WAVES)を検討中

ブロックチェーンアイランドと呼ばれているマルタは、分散型仮想通貨プラットフォームWavesと協力し、Wavesを利用することを検討するため、マルタの首相であるJoseph Muscat氏と同政府の代表者と議論を行ったという。

Wavesを使用し、医療、不動産登録、投票分野などでの技術利用も模索している。

参考記事:Malta is Eying the Waves Cryptocurrency to Tokenize Financial Assets

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ウェーブス(WAVES) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
仮想通貨ウェーブス(WAVES)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、ウェーブス(WAVES)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
Waves:革新的なプラットフォームの注目すべき6つの特徴
Wavesでは、時価総額においては現在38番目に価値のある仮想通貨となっていますが、このプラットフォームの提供する価値は大きく、市場の評価は過小評価だと言えます。本記事ではWavesの価値を押し上げる6つの特徴について解説します。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加