中国発、大手仮想通貨取引所OKCoinが米国21州でも取引業務開始

かつて中国ビッグ3と呼ばれたOKCoinは、公式ブログを通して、アメリカ合衆国の20を超える州でのトークン/トークンでの取引業務を開始したと発表した。

以前はサンフランシスコに米国支部を置いた関係で、カリフォルニア州のみで取引が可能だったが、今回テキサス、コロラド、マサチューセッツを含む20の州でも取引が可能となった。

出典:OKCoin

アメリカ合衆国は50の異なる州で形成されており、各州は独自の自治体と法を持つ為、米国での仮想通貨取引には州ごとで規制が違うケースが多々ある。

その為、各州から認可される必要があるが故に、アメリカ全州で取引が認められている仮想通貨取引所は数少ない。

CCN等の報道で、OKCoinのCEOを務めるTim Buyn氏はこのように語った。

仮想通貨市場が最大なポテンシャルを発揮させるためには、OKCoinのような取引所が規制機関と連携する事が不可欠だ。

なお、米国で業務を行う中国発の大手仮想通貨取引所はOKCoinだけでなく、Huobi(フォビ)も約2か月前にHBUSという米国版の取引所を発足している。

参考記事:Cryptocurrency Exchange OKCoin Expands to 20 More U.S. States

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

中国投資家:ビットコインキャッシュ配布を巡りOkcoinを訴訟
中国の投資家が仮想通貨取引所のOKcoinが38.748BCH(ビットコインキャッシュ)の受け取りを可能にしなかった事を受け、訴訟を起こしている。OKcoinは昨年8月1日にBCHがハードフォークした日にはビットコイン保有者に対して同じ所有権を与えるとしましたが、12月に原告のFeng氏はBCHを引き出そうとした所、できなかったとのこと。
米国、2018年のブロックチェーン投資額がすでに2017年総計を上回る|とてつもない成長の予兆
世界四大会計事務所の一つであるKPMGの最新レポートによると、米国における2018年上半期のブロックチェーン投資額は、すでに2017年の総計をすでに上回っていることが明らかになった。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加