マカフィー『ビットコインは決済処理No.1通貨、2020年には1億円相当の価値を持つ』

ジョン・マカフィーの見解
マカフィー氏は、2020年に予定されている半減期の影響も含め、2020年にはビットコインの価値は1億円 (100万ドル)相当になっていると予想。ビットコインこそエコシステムで”No.1仮想通貨”であると主張している。
半減期とは
マイニングをするたびにビットコインの市場供給量は2100万BTCに近づいており、市場に出回る通貨数が多くなると、その通貨価値は下がってしまう。そこでマイニング報酬の発行量に制限をかけて価値を安定させるためにのものだ。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ジョン・マカフィーの見解

ジョン・マカフィー氏は、AMBCryptoチームとの取材で、ビットコインのピアツーピア電子通貨システムの性質を否定する声があるのも関わらず、ビットコインこそエコシステムで”No.1仮想通貨”であると主張しました。

マカフィー氏は、エコシステムや技術面での知識が豊富で、仮想通貨業界でも強い影響力を持つ人物です。

数字で考える

マカフィー氏は、数学的観点から考慮した場合、2020年にはビットコインの価値は1億円(100万ドル)相当になっているはずだと強気予想しています。

この結論は、マイニングされたビットコインの数とマイニングの難易度を比例した時導かれるものだとしており、2020年に予定されている半減期の影響も含まれます。

半減期には、マイニングされるビットコインの数が1ブロックにつき、12.5BTCから6.25BTCに半減します。つまり、需要に変化が生じないと想定した場合、供給が減れば必然的に価格が上がることになります。

誰が何と言おうと「数学」は嘘を付かない。

2020年には1億円相当になっていだろう。

ビットコインこそ決済処理No.1コインだ。

短期手法の投資家に金持ちはいない

彼の理論によると、ビットコインの価格とマイニングの難易度を比例すると、マイニング業者は継続的な収入がある程度保証されているようなものだと述べています。

ビットコインがいくらになろうと、おそらくビットコインマイナーに損はない。

もしビットコイン価格が30万円に下がった場合、大量の投資家が退場を余儀なくされるだろう。

だが、マイニングの難易度が限りなく低下するため、簡単にマイニングがこなせるようになる。

マカフィー氏は最後に、11月の1〜2日に開催される仮想通貨カンファレンス、「マルタブロックチェーンサミット2018」にゲストスピーカーとして出場が決定したことを発表しました。

John McAfee: Bitcoin [BTC] Is “The Number One Coin For Processing Payments”

Jose Antonio Lanz 9/13/2018

参考記事はこちらから

CoinPostの関連記事

分散型の仮想通貨取引所(DEX)が「未来」である理由|ジョンマカフィーら業界著名人の見解
仮想通貨取引所バイナンスなどが出資する、世界初の分散型銀行”Founders Bank”をマルタで設立する計画などが話題になる中、ジョンマカフィーら業界著名人が考える、分散型取引所(DEX)の必要性とは。
5/25(金)|3日続く仮想通貨市場の下落が止まる・特定アルトコインにマカフィー砲炸裂か
仮想通貨市場 仮想通貨市場は3日続いた下落が止まり、アルトコインを中心に価格が反発しました。 特に上昇を記録したEOSや...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加