「機関投資家参入の扉が開かれる」仮想通貨仲介業務の詳細が明らかに

Uberの共同創立者が機関投資家向けの仮想通貨仲介業務を開始
米国の有名経済誌Business Wire の報道によれば、Uberの共同創立者Stephen Ehrlich氏が立ち上げたVoyager Digital Holdings Incは子会社である仮想通貨取引所Crypto Trading Technologiesに、機関投資家向けの仲介(ブローカー)部門を増設し、業務を開始する模様。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

機関投資家に向けた仮想通貨仲介取引業務

米国の有名経済誌Business Wireの報道によれば、Uberの共同創立者Stephen Ehrlich氏が立ち上げたVoyager Digital Holdings Incは子会社である仮想通貨取引所Crypto Trading Technologiesに、機関投資家向けの仲介部門を増設し、業務を年末(Q4)に開始した模様です。

Ehrlich氏は著名金融経済メディアTradersの取材にて、『Voyager Institutional』と名付けられた新部門は、大口投資機関へ「ベストクラスの仮想通貨取引ソリューション」を提供すると、以下のように語りました。

「当社のインフラから機関コミュニティへ拡大するのは元より我々の長期的戦略となっていた。そして、我々は、個人向けの取引所を開始して以来、仮想通貨市場へアクセスを求めるクライアントの需要を満たす、機関投資家に向けたサービス分野が真空状態であることは明らかになっている。しかも第三者に仮想通貨取引における既存サービスやインフラが求められる」

Ehrlich氏によれば、新たな仲介業務の対象は、「ヘッジファンド・買い手企業・マーケットメーカー」などだそうです。

さらに、同部門を統括するGlenn Barber氏は、メガバンクドイツ銀行ニューヨーク支部の証券/グローバルセールスデスクのトップを務めていたとのことです。

Barber氏はこのように新しい部門に見据えた展望をこのように言及しました。

「我々の目標は、機関投資家が有効に仮想通貨取引ができるように、それに相応しいサービス水準を実現することだ」

個人向け取引サービス『Voyager』

二か月ほど前に、コインポストで取り上げたように、CoinbaseやRobinhoodに対抗するために、同社は、『15以上のトークン通貨を対応する、手数料無料で取引できる仮想通貨取引所Voyager』の開設計画を発表しました。

また、プラットフォームの特徴として、様々な取引所からベスト価格を見出す「ルーティング・エンジン」が挙げられます。

現在、そのプラットフォームはβ版とあり、アプリ版は今年Q4にて公開する予定とされています。

つい先ほど、、コインポストで報道したBitGo社の機関投資家向け仮想通貨カストディサービスや、先日報道した米国金融大手、Northern Trustがすでに仮想通貨投資をポートフォリオへ追加し、ヘッジファンドや機関投資家への投資・法律アドバイスを提供する参画などから、実に機関投資家による完全なる参入が期待できると思われます。

最も必要とされたカストディも動き始める

ハッキングが相次いだ2018年、機関投資家が業界に参入する上で最も必要とされていた保管サービスが、米国の、サウスダコタ州の銀行部によって、セキュリティ会社BitGoが公式なカストディアンとしての認可を受けました。

ビットコインやイーサリアム、リップルを始め、機関投資家に向けに、75種類以上の仮想通貨を取り扱う予定としています。

BitGoのCEOも本日のCNBC番組内にて、今回発表をしたように、政府認定のカストディサービス提供業者が出てくることで、機関投資家の参入を招致しやすくなり、もし2年前にこの様な(カストディなど)セキュリティ面の解決方法があれば、仮想通貨市場の規模は現在より拡大していただろう。と語っています。

詳しいカストディの詳細は以下の記事にて

CoinPostの関連記事

機関投資家向け仮想通貨カストディサービス、米公式機関から初の認可|ビットコインやリップルを含む75種類に対応へ
世界有数の仮想通貨関連セキュリティ会社BitGoが、サウスダコタ州の銀行部から公式なカストディアンとしての認可を受けたことが明らかになった。BitGo Trustは、今後機関投資家に向け、75種類以上の仮想通貨、トークンに対応し、365日24時間体制でのサポートを備えたカストディサービスを提供すると記述された。
【速報】モルガン・スタンレー、ビットコインスワップ取引の提供を計画|ブルームバーグが報道
ブルームバーグの報道にて、情報筋の情報提供の元、米国大手投資銀行モルガン・スタンレーはビットコインに準拠したデリバティブ取引を提供すると計画していることが判明した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用