仮想通貨市場の崩壊は起こってしまうのか?Mt.Gox社の債権者への払戻しで起こる影響とは

Mt.Gox社が民事再生に基づく払い戻し手続きを開始
800,000 BTC以上をハッキングされたことで知られているMt.Gox社は、民事再生に基づく払い戻し手続きを開始した。Gox社の訴訟手続に関する公式文書によれば、ハッキングによる被害者は170000を超えるBTCやBCHの請求を行うことができるとのこと。
元Mt.Goxトレーダー、キム・ニルスソン氏が払い戻しのよる価格下落を懸念
同氏は、払い戻されたビットコインに対する需要が不足した場合、売り板が混乱し価格が下落、さらには市場の崩壊も考えられるだろうという見解を述べた。
Gox社の払い戻し手続きについて

80万を超えるビットコインをハッキングにより盗まれたことで知られているMt.Gox社は、民事再生手続きを開始しました。

Gox社の訴訟手続に関する公式文書によれば、ハッキングによる被害者は、170000を超えるBTCやBCHの請求を行うことができます。

この手続きを容易にするために、Mt.Gox社の管財人である小林信明氏は、法的書類や証拠の提出を通して見込みのある申立人を抽出するオンラインツールを公開しました。

当初、払戻しの申立て手続きが認められていたのは個人トレーダーだけでしたが、最近の発表で法人トレーダーも同様の手続きで請求を行うことができるようになりました。

債権者は個人法人問わず10月22日までに申し立てを行わなければなりません。

同日にオンライン・オフラインの手続き対応の終了が予定されています。

10月22日以後、民事再生要請は遅くとも2019年2月14日までに日本の裁判所に提出されます。

司法上の承認が待たれている場合、前述のBTCおよびBCH保有分などの資産の残りの部分は、請求者に分配されます。

払い戻し後の市場を不安視

Gox事件発生当時から見るとこれはとてもポジティブな展開ですが、この払い戻しが始まったら仮想通貨市場が崩壊するのではという懸念を示す人々もいます。

元Mt.Goxトレーダー、キム・ニルスソン氏は以下のように述べました。

払い戻しによって債権者の元に渡ったビットコインに対する需要が不足した場合、市場は崩壊するだろう。

170000 BTCとBCHが十分な需要を得られなかった場合、これらの売り板は混乱を発生させ、結果的に仮想通貨の価格を全体的に押し下げてしまうかもしれない。

しかし同氏によると、希望が完全になくなったわけではないとのことです。

ビットコインが払い戻されたらすぐに売ろうとする人もいるかもしれませんが、実際は売却まで至ることのない人も出てくるかもしれない。

同氏は最後にこのような指摘を付け加えました。

払い戻しが何年もかかってしまったとしても、初期投資額から考えると利益が出ているのだから多くの債権者は幸せな思いが出来ているとみていいだろう。

Mt.Gox Opens Civil Rehabilitation Process To Corporations

参考記事はこちらから

CoinPostの関連記事

Mt.Gox民事再生手続開始決定でどう変わる?売り圧力が消える?
6月22日、Mt.Goxの民事再生手続開始決定が、再生管財人に選出された小林信明弁護士によって発表されました。今回の民事再生手続は破産手続とどう違うのか、仮想通貨投資家最大の関心事項である売り圧力はどうなるのかについてまとめました。
6/22(金)|業務改善命令の影響で急落も、Mt.Goxが民事再生手続開始で新たな動き
仮想通貨市場は、日本の金融庁が仮想通貨交換業者6社に業務改善命令を発表を受け急落も、売り圧力と懸念されるMt.GOXに新たな動きが見られました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加