【速報】日本円基軸の価格安定仮想通貨が発表|中国杭州市が後援する企業が計画

本日、香港の著名ニュースメディアSouthChinaMorningPostの報道によれば、中国 杭州市政府が後援する10億ドル(約1100億円)の資金を持つ中国発のブロックチェーン企業「Grandshores Blockchain Fund」が、日本円を基軸とした価格安定通貨(ステーブルコイン)を発行すると計画している様だ。

同社の共同設立者であるYongjie Yao氏は、すでに準備を進めており、2018年年末か来年の始めには発行を予定している。

また、Yao氏が経営するもう一つの企業「Grandshores Technology」は、シンガポールの建設会社により買収され、香港取引所へ上場してある企業であり、今回の安定通貨プロジェクトに向けて、約1270万ドルを調達しようとしている。

さらに同報道によると、Yao氏はすでに日本にある銀行(名前明かされず)を仲介役として当プロジェクトを進めているとしている。

Yao氏は、今後、日本円だけでなく、豪州ドルや香港ドルに準拠した安定通貨も開発する計画に含まれている模様だ。

参考記事:scmp.com

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

価格変動しない仮想通貨にバイナンスやフォビが出資|保有者への手数料還元も
Binance(バイナンス)を含む世界最大の仮想通貨取引所4社も投資を行う、新しいeコマース(オンライン商業取引)ベースの新たなステーブルコイン「Terra」が発表されました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加